CBR125R マフラー開発日記

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

関西は本当に気持ちの良い秋晴れが続いていますが、皆さんは楽しい連休を過ごされているでしょうか?

この季節、私達の業界は言わば稼ぎ時のシーズンでもあり、各地でマフラー取り付けキャンペーンやバイクイベントに参加されているトコもあれば、私みたいに休日出勤でバタバタと残務をこなす人も居たりと、マフラー屋さんに限らずバイクのアフターパーツ屋さんは大変忙しくこの時期を過ごしていると思います。

まぁ、この時期をしっかり働いていないと、冬場は気温以上にお寒い事になってしまうので、気を抜かず頑張って行きたいと思いますが、最初に一つお知らせを!

昨日は弊社も休みで本日出社して午後になってメールを開いたところ、何故か会社の代表アドレス「info@wrs.jp」のメールだけが受信できておらず、21日の午後から本日までのメールが完全に消えてしまっています。
迷惑メールも含めて1日当たり70~100件程度受信するメールが全く受信できてません。

代表アドレス以外は問題なく受信できているみたいですが、このアドレスはお客様からのご質問を受け付けているアドレスでもありますので、困った状態となっています。

ブログをお読みのお客様でもし21日~本日午前中までにメールをされた方、ご迷惑をおかけしますが、再度、メールを頂けます様、宜しくお願いします。(現在は問題なく受信できてるみたいです。)


さてCBR125R用フルエキゾースト開発日記の続きです。

cbr125r (2)

エンジンを掛け、スロットルを開けると、なかなかピックアップの良い感じで反応してくれるこのエンジンですが、まずはノーマルでのベンチテストでどんなグラフを見せてくれるのか非常に気になります。

で、シャーシダイナモを回して出た測定結果がこちらです。

cbr125 (3)

結構理想的なパワーカーブで、低回転域からそれなりに繋がりも良く、カタログスペックではピークパワーの発生する10,000rpm超まで谷も無く吹け上がってくれました。

それではノーマルマフラーを外し、少し観察してみましょう。

cbr125 (1)

このサイレンサーっぽく見えるダミーカバーの裏側はというと...

cbr125 (4)

こんな感じになっています。
車体に装着していると非常にコンパクトなイメージがありますが、以外にも結構大きな容量を持ったマフラーである事が確認出来ます。

エンジン下に箱型の膨張室が一つ、そこからセンターパイプを通ってこれまた箱型のサイレンサーとなっています。

エンジン下の膨張室の前には触媒が入っています。

cbr125 (5)

膨張室前の太いパイプの真ん中辺りに触媒が入っていますね。

印象としてはしっかり音を抑える事に加えてかなり容量の大きなマフラー寸法になっています。

では特性上、気になるところはというと、長いんですよね... 吹け上がりきるまでのかかる時間が...
グラフこそ決して悪くないグラフではあるのですけど、ピークまでの到達時間はかなりかかります。

到達時間(吹け上がる時間が長くかかる) = 実際の道で感じる加速力ですよね。

実際、加速力の悪さは車の流れに乗りにくいという事に繋がる訳で、少しでもスピード乗りの良い特性にする事が、マフラー開発の際のポイントになってきますね。


単純に比較しても意味が無いのですが、ちなみにYZF-R125のノーマルのパワーカーブがこちら。
NOR.jpg

エンジン特性が違うバイクのグラフを並べてどちらが良いという話ではないのですが、YZF-R125は稀に見るロングストロークのエンジンで、リミッターが効く10,500rpmまで若干時間を要しながらも力強く吹け上がる印象でしたが、CBR125Rはそれに対してショートストロークでYZF-R125よりもアクセルの反応が良く好感が持てますが、でもいざエンジンを回してみるとレッドゾーンである11,000RPMまで到達する時間が更にかかります。

もう一度、改めてノーマルマフラーの写真を見て感じるのですが、個人的にはマフラー寸法や膨張室容量が無駄に大きく、エンジン本来の特性とマフラーとの相性が、何か間違ってない?って思う位、アンバランス差を感じてしまいます。

まぁ、ホンダがやる事ですから間違ってないのでしょうけどね(笑)
ただ、明確に方向性は見えて来ましたね。

前回も書きましたが、排気量が小さい訳ですから、如何に低速トルクを...って事ではなく、如何にスムーズに加速に繋げれるかにを焦点にマフラー開発をはじめたいと思います。

ベンチテストから得た情報を元にエキパイサイズの選定という事で、ノーマルよりは太く短く、触媒位置に関しては効率やパワー的なロスを最小限にとエキパイ直後に入れる事を決めて、いよいよ本格的な開発がスタートです。
この方向で高回転域が元気になってくれると思います。

YZF-R125の時はロングストロークエンジンの恩恵を受けるであろう事を前提に高回転域を活かすマフラー寸法にしましたが、今回は同じ高回転域を活かすマフラー造りでも、エンジン本来の特性を少しでも活かすべく開発を進めたいと思います。

cbr125 (2)
スポンサーサイト

新型Ninja250/新型Z250用スリップオン 追加ラインナップのお知らせ!

BK4250JM (20)

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

CBR400R用スリップオンに採用、そしてこれから発売予定のNinja250/Z250用フルエキゾーストに採用予定の焼き色のチタンサイレンサー(ラウンドタイプ)ですが、お客様からのお問い合わせも多い事から、10月1日より追加リリースする運びとなりました。

画像及び価格・品番は下記の通りです。

BK4250JM (12)
BK4250JM (41)

・品番 BK4250JM ステレンス/焼き色チタン(ラウンド)  価格49,000円(税込み51,450円)となります。

今週中に販売店さんや商社様へ新製品案内をお送りしたいと思いますのでお取引先の皆様、今しばらくお待ち下さい。


それと、オーバルタイプのスリップオンの画像ですが、ホームページ内の製品ページでNinja250の装着画像だけ長らくプロトタイプのままになっているのを、今更ながらに気が付きまして、本日撮り直しました。

ブログでも数枚程度、UPしたいと思います。

まずはステンレス/チタンオーバル(OV4250JM)から

OV4250JM (64)

OV4250JM (67)

OV4250JM (100)

次にステンレス/焼き色チタンオーバル(SV4250JM)です。

SV4250JM (84)

SV4250JM (54)

SV4250JM (56)

と、こんな感じです。
何が違うかというと、サイレンサーのリベット部がプロトタイプではそのままリベットを打っていましたが、製品は写真の通り、リベットバンドを巻いています。
これ一つでイメージがだいぶんと違いますね!

近く、ホームページ上の画像も更に見易く、画像数も増やす予定にしていますので宜しくお願い致します。

それでは宜しくお願い致します。

PS: ブログを書きながら気が付いたのですが、プロスタントライダー小川裕之選手に電話するのすっかり忘れてました(汗)。確か火曜日に電話する約束を... 

約束のブツ、まだ用意出来てないので朝一から準備して午前中に電話しま~す!(ホンマ、ごめん! 汗)

新型Z250/新型Ninja250用フルエキの動画UPしました!

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

お待たせしました!
表題の通り、フルエキゾースト装着の動画をYou Tube にUPしました。

ご覧のブログの右上にも埋め込んでいますので気になる方はチェックして頂けたらと思います。
(相変わらず暗くて申し訳ないですが...)

リクエストにお応えして今回はNinja250ではなく、Z250で動画撮影しています。
メーターパネルを見て??って思った方!勘が鋭い!(燃料がもう無い...って意味ではないですよ、ギリギリでしたが 笑)
書いてしまうと、面白くないんで見比べて下さいね!(ちょとした違いですが)

一応、ここにも貼り付けて置きます。
- 新型 Z250(新型 Ninja250共通)用 フルエキゾースト WR'Sサウンド -

また長らくお待たせしておりましたが、価格及び品番が決定しました。
各ショップさんや商社様へのリリース案内はこれからですが、ブログで先に発表してしまいましょう!

・ 品番 LA4250JM ステンレス/ステンレス  価格 75,000円(税込み78,750円)

BF4250JM Z250
(LA4250JM)

・ 品番 LT4250JM ステンレス/チタン    価格 81,000円(税込み85,050円)

LT4250JM (9)
(LT4250JM)

・ 品番 SC4250JM ステンレス/カーボン   価格83,000円(税込み87,150円)

SC4250JM (20)
(SC4250JM)

・ 品番 LS4250JM ステンレス/焼き色チタン(真円) 価格83,000円(税込み87,150円)

LS4250JM Z250 (33)
(LS4250JM)

・ 品番 LV4250JM ステンレス/チタンオーバル   価格86,000円(税込み90,300円)

LV4250JM (6)
(LV4250JM)

・ 品番 LM4250JM ステンレス/チタンオーバル(焼き色)価格88,000円(税込み92,400円)

LM4250JM Z250 (8)
(LM4250JM)


となっています。

近くリリース案内を販売店さんや商社さんに配信してから、改めて各サイレンサー装着の写真をバイク別にご紹介したいと思いますので宜しくお願いします。

本日はこれにて!

CBR125R マフラー開発日記

cbr125r (2)

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

大阪は台風が過ぎ、ブログを書く現時点では風はまだ強いものの、雲の合間に青空も見えてほっと一息といった感じですが、各地に猛威をふるい、現在も関東方面に北上している真っ只中でその地域の方々はくれぐれもご用心頂きたいと思います。

さぁ、遅くなりましたがCBR125R用フルエキゾーストの開発日記です。

近年、ヤマハのYZF-R125を除いてはこの125ccクラスにスポーツモデルが久しく無かった事にあらためて気が付かされますが、今年の6月中頃にホンダからCBR125Rが発売されました。

YZF-R125と違うのは、逆輸入車やディーラー取り扱い車両という形でなく、国内モデルとしてホンダが発売してくれた事です。

スタイリングは爆発的ヒットしたCBR250Rのイメージをそのまま受け継ぎ、125ccとは思えない車格でありながら136kgと軽量、取り回しでも非常に楽で、ワンサイズダウンさせたものの、125ccでは十分ワイドな130mmのリヤタイヤは存在感抜群です。

ツインチューブフレームもスポーツモデルである事を意識させてくれますね!

兄貴分であるCBR250RはDOHCであるのに対し、このCBR125RはOHCとなっていますが、パワー面に関しては丁度半分位の13PSを発揮しており、スポーツモデルの125CCを切望していたホンダファンにとっては、国内販売を非常に喜んだのではないでしょうか。

ハッキリ言って前モデルより見た目以上に質感が良く、既に乗られている方も分かると思いますが、雰囲気はそのままCBR250Rといった感じです。

価格面に関しては、CBR250Rに似て欲しくなかったので若干、高いかなぁと思ったりもしますけどね...

でも良く出来たバイクには間違いないです。

エンジンをかけるとOHC2バルブからくるレスポンスも良く、ホンダって本当に完成度の高いバイクを造るなって思わず関心してしまいます。

cbr125r (3)

アクセルを更に開けると排気量に似合わないレスポンス感が心地よく、ただし雑誌のインプレに書かれている様な「高回転までシャープな...」とは感じませんが(笑)、排気量25cc差とはいえAPE100とは明らかに違う、そういう意味ではパワフルかつ高レスポンスな吹け上がり方をしてくれますね。

CBR250Rの時もそうでしたけど、回しても質の良い静かなエンジンには本当に好感が持てます。
良く調整出来たエンジンですよ!このバイクは。
これで高回転に伸びを持たせれば、かなり気持ち良くなるでしょう!

そう!せっかくフルエキを造るのですから高回転域を元気に、元々排気量的にトルクは無いので如何にトルクを出すかでは無く、如何にスムーズに加速に繋げれるかといった事を焦点にフルエキゾースト開発をする事と決めました。

ノーマルでのシャーシダイナモデータを参照に次回はその辺りを探って行きます。

cbr125r (1)

お知らせ色々です。

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

先週はJMCA加速走行騒音試験や東京出張等々、会社に殆ど居てませんでした。

残務作業が山積みなので早速、戻ってスグお仕事をしています。(今日は一人ですが)

CBR125Rの開発ブログも先週からのお約束でしたが、結局のところ更新出来ずに今週からとなりますが、楽しみにされている皆様、宜しくお願い致します。

まずは先週火曜日に行なわれたJMCA加速走行騒音試験の結果から。

JMCA試験 (2)
JMCA試験 (3)

意気揚々といつもお世話になっている㈱デイトナさんのテストコースで行なわれた試験に行って来たんですけど... 結果的には弊社では初めて試験に不合格となってしまいました。(残念ですが)

近接騒音は余裕でパス出来る状態でしたが、加速走行試験ではシングル独特のパルス音が悪い方向に働いてしまい、1回目こそ81.6db(法定基準値は82db以下)とOKだったものの、2回目、そして再挑戦の3回目ではコンマ数db差で不合格となりました。

この日は弊社以外にも数社試験を落ちてましたが、加速走行騒音値は近接騒音みたいに簡単に確認する事が出来ず、ある程度運試しみたいな所があり、近接静か=加速静か とはなかなか上手く行きません。

今回は既に認証取得しているスリップオンマフラーより120mmも短いショートオーバルサイレンサーでの挑戦でしたが、再度改良してテストに挑む予定ですので、ご期待頂いていた皆様、もうしばらくお待ち下さい。(練馬区のF澤さん、残念な結果になりましたが、必ず商品化します)

JMCA試験 (1)

※ 次回は11月のテストを受験予定です。

火曜日は不合格の結果に放心状態で大阪に帰って来ましたが(笑)、気持ちを切り替えて木曜から今後の打ち合わせで東京まで出張して来ました。

KTM JAPAN
東京出張 (1)
(何か大きな人、写っていますが 笑)

㈱KTMジャパンさんに行って参りました。

(野口社長、この日は夜遅くまでお付き合い頂き、本当に感謝しています。)

今もっとも熱い注目のオレンジカラー軍団、KTMですが、今後弊社もマフラーを含めたカスタムパーツの開発を行い、ラインナップする予定です。

KTMユーザーの皆さんに質の良い商品をご提案出来る様、頑張って行きたいと思いますので宜しくお願いします。

それと合わせてもっとも大切なお知らせ!
BEAMS田中社長とミスターXさん(現時点では)とで来年、新たな挑戦をさせて頂こうと思ってます。

キーワードはこれです。
東京出張 (3)

田中社長とミスターXさんと同時に近く正式に発表させて頂こうと思っています。

また次の日に仕事を終わらせ、帰阪する予定でしたが急遽延泊して、こちらも今後に向けてのお話をという事でいつもお世話になっている㈱RPMの村島社長とPOSH TOKYOの今岡社長、そして今回ご一緒してるBEAMS田中社長と4人で会食して来ました。

東京出張 (4)

新宿ど真ん中の眺めの良いこんな場所(49階)をセッティングして頂き、これからに向けての実に有意義な話が出来て素敵な時間を過ごさせて頂きました。

村島社長、今岡社長、本当にありがとうございました。
(村島社長、ご馳走にまでなりまして誠にありがとうございました!)

その後はホテルの近所(上野)に打ち上げへと...(笑)

こちらの写真は諸事情で見せれませんが(笑)、夜分にアポ無しで電話をかけたにも関わらず、合流頂いた㈱キジマの木嶋社長、次の日イベントがあるにも関わらず遅くまでお付き合い頂きまして本当にありがとうございました。

初日の打ち合わせで何から何まで手配してくれたミスターXことH社長、最後の最後に私の介抱してくれた(汗)、BEAMS田中社長、本当にお世話になりました。

今週1週間は会社を出ないでしっかり働きたいと思います。

エンブレムが入って来ました! - その他お知らせ -

 ninja250 (5)

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

エンブレム納入待ちの為にバックオーダーとなっていたお客様、お待たせしました!
写真のエンブレムですが、予定より早く弊社に納入されました。(F精密工業の藤田さん、納期短縮のご協力ありがとうございました!)

・ Ninja250/Z250      用スリップオン
・ CBR400R/CB400F/400X   用スリップオン
・ GSR250          用スリップオン
・ YZF-R125         用ラウンドフルエキゾースト 

エンブレム納入待ち対象となっていた上記商品ですが、車種に関係なくバックオーダー順で出荷を開始し、遅くとも9日(月)までにはバックオーダーが解消される見込みとなっていますので、お手元に届くまで今しばらくお待ち下さい。
バックオーダーの中でもGSR250用スリップオンマフラーの出荷数がスゴイ事になっています...多分、同業の方が聞いたら驚くと思います(笑)教えませんけどね(笑)

今回バックオーダーが解消された後、エンブレム待ちに関係なく各車種の在庫がかなりタイトな状況になって来ていますので、何とか生産が追い付く様に量産部隊には気を引き締めて頑張ってもらいたいと思ってます。


次にたくさんお問い合わせ頂いているNinja250/Z250用フルエキゾーストの価格についてですが、今しばらくお待ち下さい。

来週辺りにはご報告出来ると思いますが、ちょっと頑張りました。
7万円台からの設定になる予定ですので、是非楽しみにお待ち下さい。

LM4250JM (34)


また同じくCBR125R用フルエキゾーストですが、こちらも10月1日発売を目指して取り組んでいます。
予定が少し遅れていますが、各種サイレンサーの装着画像や価格、また開発者ブログもUPして行きたいと思っています。
来週から出張が重なるので、何とか合間の時間を見つけながら更新して行きたいと思ってます。

CBR125R.jpg

写真は昨日取材があり、カメラマンの補佐としてお手伝いしてる弊社の福田君とCBR125Rです(笑)
会社前のロケーションの悪い条件でもプロが撮ると背景をボカして車両だけが見事、綺麗に浮かび上がる様に撮ってくれるんですよね!

同じ技術があれば、弊社の画像も更に向上するのですけど...(笑) カメラ・機材の価格も含めて私にそんな才能は無いですけどね(笑)。


今月は来週から連休が続き、季節的にも絶好のツーリングシーズン到来となりますね。

そんな中、今月の私は国内外問わず仕事でバタバタと駆け回ることになりそうです...
それまでにしっかりNinja250/Z250用フルエキゾースト、そしてCBR125R用フルエキゾーストを仕上げれる様、頑張ります。

お知らせ色々です...

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

まず最初に埼玉県越谷で発生した竜巻に被災された方、本当に大変な被害が出ており、心よりお見舞い申し上げます。
猛暑が続く中、ご不便な事もたくさんあるでしょう。
1日も早い復旧を心からお祈りいたします。(言葉だけで申し訳ないですけど頑張って下さい。)

竜巻の被害で家屋だけでなく車やバイクももちろん被害が出てると思いますが、「せっかく買ったWR'Sマフラーが...」って方、弊社までご相談下さいね。(格安で補修しますので。)

「開発ブログの人が格安で直してくれるって言ってたんですけど...」って感じでお電話かメールでお問い合わせ下さい。
※ 当たり前の話ですけど、今回の竜巻で被害を受けた弊社マフラー限定ですよ。(念のため)

さて本日、㈱デイトナさんのテストコースにて行なわれるJMCA加速走行騒音試験は雨の為、9/10(もしくは9/11)に順延となりました。

今回はCBR250R用リヤエキゾーストのチタンオーバルサイレンサータイプを受験予定です。
合格後、あらためてご報告させて頂きますが、既に発売してるラウンド(真円)タイプより、サイレンサー全長が短くなる事もあり、かなりレスポンスのいいワイルドな音質となっていますのでご期待下さい。

音質はワイルドですけど、音量は94dbを余裕を持ってクリアしてる(多分)ので、安心してご使用頂けます。
アクセルを吹かした時のワイルド感を堪能頂けるのではないでしょうか!
加速走行試験の行方が気になりますが、ご期待下さい。

次に現在、エンブレムの納入待ちでバックオーダーとなってる車種が数機種ございますが、ご迷惑をおかけしている皆様、本当にごめんなさい。
バックオーダーがかなり増えて来ており、心苦しい状況ですが、エンブレムが納入され次第、出荷を開始致しますので宜しくお願いします。

また新製品に関してですが、こちらも納入待ちエンブレムの関係で影響が出ています。

Ninja250/Z250用フルエキゾーストですが、現在販売しているスリップオンマフラー納期を最優先する為に、発売時期を遅らす事を決定しました。
楽しみにお待ち頂いている方には申し訳ございませんが、発売開始を10/1にしたいと思います。
先週末に業者様に向けて新製品案内をお送りする予定でしたが、急遽取り止めて新製品案内を作り直している最中です。

業者様の皆様には近くあらためてご案内を差し上げますので宜しくお願い致します。

さてそのNinja250/Z250用フルエキゾーストですが、何枚か写真をUPしますので、気になっている方、チェックしてみて下さい。

まずはNinja250から

LV4250JM (6)
ステンレス/チタンオーバル

SC4250JM (20)
ステンレス/カーボン

LT4250JM (9)
ステンレス/チタン

LM4250JM (34)
ステンレス/チタンオーバル(焼き色)

次にZ250です。

LM4250JM Z250 (8)
ステンレス/チタンオーバル(焼き色)

SC4250JM Z250 (36)
ステンレス/カーボン

BF4250JM Z250
ステンレス/ステンレス

LV4250JM Z250 (6)
ステンレス/チタンオーバル


とこんな感じです。

お問い合わせ頂いているNinja250/Z250用フルエキゾーストの動画ですが、週末もしくは週明けにでもUPする予定です。
そちらの方も是非楽しみにしていて下さい。

それでは宜しくお願い致します。

-WR'S-サウンド
プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
ダブルアールズ製品のマフラーやカーボンパーツなど
開発状況や各パーツの担当者のコメントなどを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR