YZF-R125 - カスタムパーツ マフラー編 -

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

本日、取材ではなかったのですが、公私ともに仲良くしている㈱クレタの桜井さんが来社したのでYZF-R125を見ていってもらいました。

DSCN2073.jpg
(桜井さん、ご苦労様!)

カーボンの色調を上手く撮れる様にアドバイスして頂き、早速トライです。

写真を見るとどれだけ上達したかは若干(?)マークですが、綾織りカーボンの目が一応確認出来る写真は撮れました。

DSCN2105.jpg
サイドカウルと...

DSCN2106.jpg
アッパーインナーカウルです。

前にも書きましたが、サイドカウルのR125ステッカー(非売品)は、サイドカウルを購入時にサービスで付属していますので、お好きな場所に貼って頂けたらと思います。

今回はマフラー編という事で、あらためて単体写真を含めてカスタムパーツ外装編で紹介したいと思いますので宜しくお願いします。

さて本題のマフラーですが、グラデーションタイプのサイレンサーとステンレスサイレンサーの装着写真を撮りました。
まず、チタングラデーションサイレンサーから

DSCN2092.jpg
DSCN2085.jpg
DSCN2096.jpg

次にステンレスサイレンサーです。

DSCN2138.jpg
DSCN2143.jpg

それから撮り直したSUSメガホンサイレンサー

DSCN2178.jpg
DSCN2174.jpg

ついでにカーボンサイレンサー

ステンレス・カーボン R125 (1)
カーボンサイレンサーの写真はフェンダーレスを装着していない時の写真なので、何かリヤ廻りが重いですね...


予想以上にサイレンサー個々の個性が出てる感じでどのタイプもいい雰囲気があります。

既にマフラーは量産を開始していますが、JMCA認定プレートの納期等の事情により、早くとも6/15以降のリリースとなります。
ありがたい事に数本程度、ご予約を頂いていますが、来週早々にバイクパーツ販売店及び取扱商社様にリリースの案内をしますので、その時に正式な発売日をお知らせしたいと思います。

それでは宜しくお願い致します。
スポンサーサイト

YZF-R125 - カスタムパーツ 外装編 - 

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

遅くなりましたが、YZF-R125のフェンダーレスKITの最終段階のプロトタイプが仕上がって来たので、取り付け方法等も画像を多用しながら簡単にご説明しながら、紹介したいと思います。

まずは単体写真です。
YZF-R125 fr
ウインカーと反射板はノーマルを流用してます。

じゃぁ、早速取り付けて行きましょう!

まず、ノーマルを取り外し、ウインカー等を上の写真の様に予め組み付けておきます。
次にノーマルベースの穴にノーマルと同じ様に配線を通します。

YZF-R125 fr (2)
YZF-R125 fr (3)

ウインカーのカプラーを接続します。
YZF-R125 fr (4)

次にベース本体の両面テープのフィルムを剥がし、ベース位置を仮決めしますが、この時、線を挟み込まない様に気を付けて下さい。
YZF-R125 fr (6)

位置が決まった時点で写真の様にナットで軽く固定し、位置を確認しながら両面テープを貼り付け、ボルトを本締めします。
YZF-R125 fr (8)

皆さん、ここまで分かったでしょうか?
フェンダーレスに興味の無い方、申し訳ございません。(汗)
結構、お問い合わせが多かったので、今日のブログは一気にフェンダーレスの紹介をさせて頂いています。

まだまだ行きます!

では次にナンバー灯の配線を。
少し難しくなりますが、ナンバー灯の配線を保護してる外側のビニールをハサミで3センチ程カットします。
YZF-R125 fr (9)

写真の様に赤の線は赤に、黒の線は黒へ配線コネクターで接続します。
YZF-R125 fr (10)
YZF-R125 fr (11)
プライヤーで押し込み...

出来上がった感じはというと
YZF-R125 fr (12)
こんな感じになります。

これで配線関係は終了!
取り付けた写真がこんな感じです。

YZF-R125 fr (15)


YZF-R125 fr (16)

マフラー等が装着されていない写真で恐縮しますが、どうです!かなりスッキリしっくりと収まってるでしょ!
YZF-R125のエッジの効いたフォルムが更に引き立ちます。

LEDのナンバー灯はこんな感じです。
YZF-R125 fr (13)

ナンバーを付けていないので申し訳ございませんが、しっかり照らしてくれますのでご心配なく。

この後、更に細部を煮詰め、走行テスト後に商品化する事になります。

また写真でも少し写っていますが、リヤフェンダー(写真の物はFRP)も形の最終確認が終わり、バックネットを張り、綾織りカーボンで仕上げてチタンのグラデーション仕様のマフラーを装着して来週にも再度写真を掲載しますので、宜しくお願い致します。

またサイドカウルの「R-125」ステッカー(シルバー)ですが、サイドカウルをご購入頂いた方へのサービス品としての付属になります。
ステッカー単体での発売はリペアパーツという形を含めても行いませんので宜しくお願い致します。
(純正ステッカーに酷似した造形上、販売すると問題が出そうです。お問い合わせ頂いた方、すみません。)

CBR250R - カスタムパーツ - 外装編

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

マフラーの新製品ではございませんが、外装パーツの新製品情報です。

※ 24.05.19(土) 綾織りカーボンタンクパッド単体の画像を追加しときます。

CBR250R用綾織りカーボンのタンクパッドがラインナップ加わります。

cbr250-1.jpg

cbr250-2.jpg

cbr250-3.gif


黒のタンクに黒のカーボンタンクパッドを装着しての写真は、正直見づらいですね(汗)

写真の撮り方にひと工夫必要ですね(by徳ちゃん)

近く単体での画像もUPしますが、大きめにタンクをカバーしておりますのでキズ等も安心!実用性にも優れています。
また綾織りカーボンの目が非常に美しくワンポイントカスタムにもお勧めです。

価格・品番は下記の通りです。

・ CBR250R用綾織りカーボンタンクパッド  品番 WRT1205CF 価格 7,800円 (税込8,190円)

6月5日よりリリースとなっています。
お問い合わせを頂いていた方々、宜しくお願い致します。

マフラーに関してですがバックオーダーでお待ち頂いていたお客様への出荷は予定より1日早く今週の月曜日に出荷が完了しました。(お待たせ致しました。)

18日の午前9時現在、ミラーチタン(BM1205JM)を除いてステンレス、チタン、カーボンとそれぞれ3~4本の在庫が出来ています。

ミラーチタンはサイレンサーシェルの納入が遅れている為、出荷予定日が5月末頃になると思います。

どちらにしても、あっという間に無くなりそうな在庫状況ですのでご注文時には在庫を確認頂けたらと思います。
(引き続き、製作にかかっています。)

また、先日のブログでレース用のマフラーに関して少し触れたところ、レース用マフラーのお問い合わせがかなり増えております。

「レース用のマフラーは発売しません。」って事を強調したかったのですが、私がテストデータをたくさん得られたという様な事を書いたばかりに勘違いされた方が多かったみたいです。(スミマセン)

私個人は元々レースの延長線でマフラー造りを始めたので、興味がない筈がなく、むしろ興味アリアリなのですが(笑)、如何せん人数が足りません。

また、始まったばかりのカテゴリーなのでCBR250Rの熟成度と共にレース用マフラーの進化もどんどん進み、「レース用マフラー発売しました!」→「ハイ、終わり」ではレースで使用する方にも迷惑がかかると考えています。

ST250なり、CBR250Rカップなりに張り付いて頑張らないとレース用は出来ないですね...

現在のJMCA認定品だけでも追いつかず、ご迷惑をおかけしている状況ではとてもレース用を造る事は困難ですのでご期待頂いた方には申し訳ございませんが、改めて「レース用は発売しません。」という事をお知らせ致します。


同い年で個人的にも仲良くさせて頂いている(有)アンレーベル辻井さんのトコがレース用でスリップオン、フルエキと製作しており、かなりいい感じに仕上がって来てるみたいです。
この間の鈴鹿でも良いデータを得られたみたいなので、レース用に関してはアンレーベルさんを応援しようと考えています。

聞き慣れない名前かもしれませんが、今後CBR250Rカップ等で見慣れたマフラーになっていく事だと思います。

※ 別に辻井さんにお金をもらっている訳ではございません(笑) 

話が大きくそれましたが、それではタンクパッドのリリースまで今しばらくお待ち下さい。

YZF-R125 マフラー開発が無事終了しました!

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

試験
先程、MAC-MRD大内社長からお電話があり、弊社のマフラー及びMAC-MRD大内社長トコのマフラーのプレスト車両型式での排ガス試験がそれぞれ無事合格したとのご連絡を頂きました!

大内社長!! 今回は直々に試験に出向いて頂きありがとうございました!

おかげ様で弊社のYZF-R125用フルエキゾーストマフラーの試験は全て終了致しました。

量産に向けてピッチを上げて行きたいと思います。

順調に行けば今週末にフェンダーレスKIT等の装着写真をブログでUPしていく予定ですのでYZF-R125情報に関しては今後も引き続き宜しくお願い致します。

YZF-R125 マフラー  - カスタムパーツ - 

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

YZF-R125のフルエキゾーストの価格及び品番が正式に決まりましたのでお知らせ致します。

ラウンドタイプ(サイレンサー真円タイプ)
ステンレス・カーボン R125 (3)

・ ステンレス/ステンレス     品番 LA2210JM 定価 52,000円(税込54,600円)
・ ステンレス/チタン       品番 LT2210JM 定価 59,000円(税込61,950円)
・ ステンレス/カーボン      品番 SC2210JM 定価 62,000円(税込65,100円)
・ ステンレス/チタン(焼き色付) 品番 LS2210JM 定価 62,000円(税込65,100円)

4/10のブログでお知らせしていたチタンの焼き色タイプのサイレンサー(前後のフランジを仮装着したイメージサンプル)ですが、こんな感じです。

YZF-R125用

画像からも判ると思いますが、車体の取り付け位置や車体のデザイン、雰囲気を考慮して少し斜めの角度を付けてグラデーション(陽極酸化)を施しています。

現在、MAC-MRD大内社長のトコにプレスト車両での排ガス試験を行う為にマフラーがお出かけしていますので、試験合格後(必ず合格します!)に弊社車両に装着して写真を撮りたいと思っています。
ですので、装着画像は今しばらくお待ち下さいませ。

次にSUSメガホンフルエキゾーストの価格・品番です。
ステンレス・SUSメガホン (2)

・ ステンレス/SUSメガホン   品番 LM2210JM 定価 63,500円(税込66,675円)


という事で、2種類のマフラーで計5タイプのバリエーションの製品をリリース致します。
車両販売台数に対して少々やり過ぎ感がありますが、平成22年度からの新規制対応品が少ない事もあり、私の一存で頑張らせて頂きました。
それなりに売れてくれないと今後の開発にも影響しますので、YZF-R125ユーザーの皆様、宜しくお願い致します(笑)

というのはモチロン冗談です(笑)
弊社に限らず、お気に入りの製品を見つけ、安全・安心なR125のカスタムライフにして頂けたらと思います!

補足ですが、このマフラーは㈱はとやさん等で直接輸入されているYZF-R125やプレストさん経由でYSPショップさん等で売られているYZF-R125の車両型式全てに対応する「新規制対応商品」です。

海外製品や国内でもJMCA以外の商品は、車検が無いとはいえ、すべて違法になってしまいますので、マフラーを選ぶ際は使用目的に合わせて吟味して頂きたいと思います。

発売時期ですが、6月11日~出荷開始という事で準備を進めていますが、正式決定ではございません。

JMCA認定プレートの納入日など、具体的な事が判り次第、ブログでご連絡させて頂きますので宜しくお願いします。


PS: 業務連絡ですが外装担当の徳ちゃん、私が名古屋の出張から戻り次第、外装関係のブログが書ける様に準備しておいて下さい!(笑)

マフラー出荷に関して(その他お知らせ)

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

ゴールデンウィークが終わり、出荷作業にバタバタ追われる日々が続いています。

大変、長らくお待ち頂いていた'09~VTR250(JBK-MC33)用フルエキゾーストマフラーのバックオーダー分の出荷を昨日無事に終わらせました。 (※ ゴールデンウィーク前までに頂いた注文分の出荷です。) 
お手元の届くまで今しばらくお待ち下さい。
ミラーチタン (13)

しかしながら、今回ロット分は10数本程度と小ロットであった為にゴールデンウィーク前までのご注文分で完売となり、ゴールデンウィーク明けからのご注文分は次回ロット分になり、現在バックオーダーの状態です。(申し訳ございません)

次回ロット完成予定は5月末頃となっていますが、少しでも早く出来る様、最善を尽くしたいと思います。

次にCBR250用スリップオンマフラーですが、予定通り来週15日頃に完成予定です。
順調にいけば15日より出荷が開始されるもとの思います。
(15日はJMCA会議で私が名古屋に出張しているので、他人事みたいな予測ですみません。きっと大丈夫です。)
バックオーダーのお客様、今しばらくお待ち下さいませ。

ちなみに弊社が特別忙しい訳では無く、単純に少人数で製作しているせいで供給が追い付いてないだけです(汗)
本格的に動き出す前に、製作工程の見直し、適正化を図りたいと思います。
某社長に言われましたが、余計な仕事に顔を突っ込まず、自社製品だけになるべく専念したいと思います(笑)

次にYZF-R125に関してです。

試作のローダウン用リンクプレートが出来あがって来ました。
DSCN1934.jpg

計算では約30mmダウン用と約40mmダウン用のタイプです。

街中で乗り味を確認しながら製品化に向けてテストを行いたいと思います。
結構お問い合わせがございますが、ただ下げるのではなく、フィーリングも重要な要素ですのでじっくり吟味したいと思います。

それでは宜しくお願い致します。

マフラー出荷に関して

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

マフラーの出荷に関してのお知らせです。

本日、バックオーダーでお待ち頂いていたNinja400R/ER-4n用スリップオンマフラーを出荷致しました。
お客様によってはゴールデンウィーク明けのお届けになり、ご迷惑をおかけしますが到着まで今しばらくお待ち下さいませ。

VTR250用フルエキゾーストですが、本日入荷待ちの部材が入って来ました。
ゴールデンウィーク明けの8~10日までに出荷を完了させる予定ですので宜しくお願い致します。
(ゴールデンウィーク中に作業を進めます。)

次にCBR250R用スリップオンマフラーですが、BT1205JM(チタンスリップオン)が在庫2本あるのみで売り切れとなりました。

次回ロットは5月15日仕上がり予定となっています。
(スミマセン、とりあえず急ぎで20本程度先に製作します。)

CBR250Rは続けて製作予定となっており、在庫を持てる様にしたいと思います。

上記とは関係ないのですが、本日CBR250Rのレース用バイクの試作マフラーのお手伝い(他社さんですが)をしました。

たまにお問い合わせ頂きますが、弊社でCBR250Rのレース用マフラーを発売する予定は今のところございません。
ただ、非常にたくさんのテストデータを得られた事はいろんな意味で良かったと思います。
現在発売中のスリップオンマフラーの方向性(仕様)に間違いがなかった事も再確認出来て非常に有意義な1日となりました。

あっ、そうそう!
CBR250R用綾織りカーボンタンクパッドの発売が決定しました。
すでに試作が完成し、価格と共にゴールデンウィーク明けにお伝えしようと思いますので、ご興味のある方はチェックしてみて下さい!

それでは宜しくお願い致します。

-WR'S-サウンド
プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
ダブルアールズ製品のマフラーやカーボンパーツなど
開発状況や各パーツの担当者のコメントなどを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR