CB400SF/SB REVO メガホンS/Oマフラー 開発日記 -続編-

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

明日は大掃除で業務自体は本日で終了の為、これが今年最後の更新となります。

開発者ブログを書き始めて約1年。もう少しマメに更新出来ればいいのですが、企画・開発及び営業(あまりしてませんが)、その他JMCA関連の業務も含めてそれなりに忙しく動き回っている為、私の中では良く更新した方じゃないかなと思ったりするのですが「量より質」、更新回数より問題は中身ですね。

ブログ更新といっても納期連絡(開発関係無しですね)等、多かったですし来年はもう少し中身にも拘っていければと…。

あまりハードルを上げると私自身が苦しみますので、CB400SF/SB REVO用SUSメガホンS/Oマフラーの話に戻ります。

ノーマルのマフラーは触媒こそ3個も内蔵されていますが、エキパイの集合部に入っている触媒のセル数は性能面を考慮してか、かなり粗目のセル数が採用されており、環境面でもパワー面でも非常に効率の良さそうなエキゾーストパイプだと思います。(実際にいいエキパイです)

まずは既に発売中のS/OマフラーとSUSメガホンS/Oマフラーとの比較データから

REVO SO比較 (1)
こんな感じになりました。
赤線がSUSメガホンS/Oで黒線が現在発売中のS/Oになります。

開発当時に書いた - 開発者の「長」コメント - でも触れていますがノーマルエキパイと既に発売中のS/Oマフラーは非常に相性がいいです。

グラフでは3750rpm~6250rpmで従来のスリップオンにアドバンテージがあり、8000rpmを超した辺りからSUSメガホンの方にアドバンテージがあるグラフとなっています。

しかしながらノーマル比では
REVO ノーマルとの比較 (1)
という風に4500rpm以降は完全にノーマルを上回るパフォーマンスを示しています。

ちなみに加速走行試験は二名乗車(重量130kg±10kg)で進入速度4速50km/hから加速して測定するのですが、計測終了地点での脱出速度は既に発売しているフルエキゾースト、スリップオンがそれぞれ+8km/h位だったのに比べ、今回のSUSメガホンS/Oマフラーは+10km/h強と約2km/hも速く加速している事を考えると、決して低中速域が弱いのではなく、むしろ高回転までスムーズに繋がっていると考えて頂いていいと思います。

この脱出速度の差はビッグバイク(CB1300SF等)と同じ様な速度差で、加速力の良さを証明してくれるデータにもなります。

メガホンらしいワイルドな音質にリニアに反応する加速感、次回はアクセルレスポンスの事について書いてみたいと思います。

最後になりましたが、誤字、乱文の中、ご辛抱頂きながら毎回ブログを読んで頂き、本当にありがとうございます。
このブログをお読み頂いている皆様、弊社製品をご愛顧頂いている皆様に感謝の気持ちをお伝えして本年のブログを終了したいと思います。

皆様、良いお年をお迎え下さいませ。
来年も宜しくお願い申し上げます。 ダブルアールズ 開発担当 山本
スポンサーサイト

CB400SF/SB REVO メガホンS/Oマフラー 開発日記

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

まず、最初にお知らせです。

現在、JMCA認定プレートの納入待ちで出荷を待っているCBR250R用スリップオンマフラーですが、朝一に事務局に確認したところ、本日事務局入荷予定→弊社に発送という具合になっています。

早ければ明日、納入時間が遅い場合は明後日28日からの出荷開始となりますが、現時点であくまでも事務局入荷予定ですので、午後から再度事務局に電話をして確認致します。

尚、バックオーダー順に出荷させて頂く事に加え、ご購入頂いた販売店の物流センター等が年末年始休暇に入っている場合もあり、必ずしも年内にお客様のお手元に届くとは限りませんので、その点についてはご了承下さいませ。



では、CB400SF/SB REVO メガホンS/Oマフラーに話を移します。

TEST.jpg



今回は性能面に関してお話をしたいと思います。

まずは比較グラフです。
REVO ノーマルとの比較 (1)

実線はパワーグラフで点線はトルクカーブになります。
もちろん、赤線がメガホンS/Oマフラーで黒線がノーマルになります。

エキパイから集合部までノーマルマフラーの為、パワーカーブ自体は極端に変わる事無く、4000rpmを超した辺りから高回転に至るまでスムーズに吹け上がっています。

今回のREVOを含めて、弊社では今までに開発したマフラーを含めて使用したREVOは合計3台。

当たり前の事ですが、どのノーマル車もほぼ同じグラフを描くのですが、グラフでも見て分かる通り、5000~7000rpm辺りの弱いパワーカーブがノーマル車の場合、気になります。

実際乗ってみると、アクセルを開けた時にこの回転域でレスポンスの弱さを感じます。
SPEC3比べるとこの回転域ではREVOの方が特性がいいものの、乗り比べた感じではSPEC3の方がスムーズに加速していく感じを受けます。

もちろん、燃料コントロールされているREVO(インジェクション)に対してSPEC3はキャブ車と、同じベースエンジンでありながら仕様の差で単純比較は出来ませんが、乗った感想はそうなります。

職業柄、単純にそれは燃調(セッティング)のせいだと決め付けたりする方もいますが、果たしてそうでしょうか?
確かに環境の事もあり、燃調がシビアになっている事は事実ですが、どうもそれだけでは無い様です。

平成22年4月から新規制が適用され、アフターマフラーも加速走行騒音試験を合格して晴れて公道で使用出来るマフラーとなります。
これに合格していないと、法律上においてそのマフラーは違法マフラーとなります。(皆さんご存知ですよね!)

私も試験に参加していますが、試験の際に面白い現象が起こります。
二名乗車(重量130kg±10kg)で4速50キロから加速して測定するのですが、外車及び逆輸入車はアクセルを開けた時に、矢の様に加速するのですが、国内仕様はどのバイクも見事に失速(?)します。
厳密にはもちろん加速しているのですが、キルスイッチが入ったかの如く加速が鈍ります。

厳しい国内基準値をクリアする為か、それとも急激な加速をマイルドに(?)する為か、私の見解は公では避けたいと思いますが(笑)、メガホンS/Oマフラーを装着して得たパワーカーブ、特に点線のトルクカーブを見て頂けると明らかな違いが見て取れると思います。

マフラーで馬力を抑えているとは言いませんが、バイクの性格(特性)を決めているのは確かで、その部分の最たる場所が消音部分(サイレンサー)となります。

CB400シリーズ最高のエンジン性能を引き出す為のエキパイを活かしきれていないという思いがします。

交換する事によって単純にパワーが上がっているという事ではないですが、交換する事によって得られる、トルク感、レスポンス、高回転まで回した時の気持ちの良いフィーリングを楽しんで頂けたらと思います。

次回は弊社のスリップオンとの比較データを見ながら、特性についてもう少し書きたいと思います。

Ninja400R/ER-4n用S/Oマフラー納期に関してのお知らせ

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

本日、営業業務はお休みしていますがマフラー製作工場は通常通り稼働しています。

おかげ様で沢山のご注文を頂いてバックオーダーになり、ご迷惑をおかけしているNinja400R/ER-4n用S/Oマフラーですが、昨日、そして今日と着実に作業が進み、当初の1/13~16出荷予定より早まりそうな感じです。

1/8,9の連休明け頃にはバックオーダーのお客様から順に出荷開始が出来ると思います。
まだまだ先になりますので、ご迷惑をおかけしますが宜しくお願い致します。

DSCN0812.jpg

Ninja400R/ER-4n用S/Oマフラーに関して

DSCN0782.jpg

WR'S(ダブルアールズ)マフラー担当です。

Ninja400R/ER-4n用S/Oマフラーですが、12/20の出荷分で在庫が完売致しました。
数あるマフラーの中で弊社を選んで戴き、本当にありがとうございます。

現在、次回ロット分の製作準備に入っていますが年内の出荷には間に合わず、来年1月の中旬頃(13~16日)に出荷出来る様、調整しています。

少しでも早くお客様にお届け出来る様にしたいと思っていますので、バックオーダーでお待ちのお客様、お問い合わせ頂いているお客様にはご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ち下さい。

それでは宜しくお願い致します。


CB400SF/SB H-V REVO 用メガホンS/Oマフラー開発日記

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

当初、チタンオーバルで進めようと考えていましたが、見た目がしっくりいかずに急遽、メガホンに変更して開発にかかりました。

元々、ショートオーバルサイレンサーでのデータ取りが出来ていた事もあり、追加ラインナップをと考えて開発に入ったのが今回のスタートです。

しかしながら何が変わったのか、当時の良いと感じた見た目が、いざプロトタイプを製作してみると妙に地味というか、当時ほどのインパクトは無く、考えてみると当時(08年)とは違い、今ではそのスタイルが当たり前の様に街に溢れている事に今更ながら気が付きました。(気付くの遅過ぎ!)

それならという訳ではないのですが、前から評判の良かったグラディウスやNinja400Rで採用しているメガホンで開発にかかろうと思い、再スタートしました。

ベンチテストで得た過去のデータを元に、触媒位置を変更しメガホン独特の音質を、いかに音量が大きくなり過ぎずに重低音を効かしたワイルドな音質に造り上げるか。

DSCN1029.jpg


唐突ですが、皆様はスポーツの観戦、あるいは運動会等、メガホンで応援した事はあるでしょうか?
私は甲子園でメガホンを度々使用した事があります。(現在も進行形です)
メガホンの壁に反響した声がぶつかりながら拡がって行き、自分の声とは違う様な低音が響きます。

そう!この低音域こそがミドルクラスに1番欲しい音質域であります。

ミドルクラスはビッグバイクの様な排気量からくるズ太い音がなかなか出ません。

すでに発売中のREVO用スリップオンの開発の時にも、この部分にかなり開発時間を費やし、ご購入頂いた皆様にはアイドリング時の重低音が強調されていて心地が良いとご好評を頂きました。

今回はメガホンタイプで更にこの重低音が出し易くなったのですが、いいことばかりでもございません。
新規制適合品の商品である為には、その音の拡がりが音量にも繋がり、加速走行騒音値(82db)を超える可能性が十分にあり、単純作業とは行きません。

ただパイプを曲げるだけなら、そんな会社は日本中に山ほどある訳で、ここからがマフラー屋さんたる仕事でもあります。

性能面のお話は次回ブログでさせて頂くとして、この音質においても鍵を握るのが触媒の位置です。
全くとは言いませんが、基本的に音量とは直接関係は無いとされています。
しかしながら、音質には関係します。

排気ガスが触媒を通過する際、音表現が難しいのですが「シャーッ」という様な音が生じます。
この音は、マフラー出口に近くなるとそれが顕著で前方に移動する程に聞こえにくくなります。
また本当の出口付近に持っていくと逆に聞こえません。

何故かを私が説明するのは、非常に難しく割愛しますが(すみません良く分かりません。)現象自体は間違いなく起きるので、考え方としては「じゃぁ、どの位置に配置したらいいのか」という事になります。

先にも書きましたが音の拡がり(低音)を利用するにはメガホン部の前という事になり、またそうする事で「シャーッ」というノーマルっぽい、頼りない音は聞こえなくなります。

触媒の能力を発揮する為にもなるべく前に持っていく事が最適な為、触媒は前方に配置しました。

また音量とパワーカーブのバランスを見ながら多段式のインナーパイプを採用、非常に滑らかなパワーカーブを描きながら、重低音の効いた、また高回転域は非常にレーシーな感じに仕上がっています。

ブログ右横にある動画でもそれは確認頂けると思います。

次回のブログはパワーカーブのグラフを中心に性能面のお話をしたいと思います。
(長文で申し訳ございませんです。)

DSCN1121.jpg
※メガホン用のエンブレムが仕上がって来ました。写真下のエンブレムです。上は通常のエンブレム。

CB400SF REVO メガホンS/Oマフラー

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

少し量産に押され気味でメガホンスリップオンの開発ブログを更新出来ていませんが、発売日が平成24年1月16日の予定と決まりましたのでお知らせします。

来週、20日を過ぎた辺りから開発ブログの更新が出来たらと思っています。

それでは宜しくお願い致します。

revo-1.png

CBR250R用マフラー年内納期に関して

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

在庫が完売し、バックオーダーでお待ち頂いているお客様、大変ご迷惑をおかけしています。

CBR250Rスリップオンマフラーですが、昨日JMCA事務局にJMCA認定プレートの納期の確認が取れました。

弊社到着予定は最短で26日、遅くとも年内(29日頃まで?)には弊社に到着するとのご返事を頂きました。

26日の午前中であれば当日出荷が可能となりますが、午後からの到着では27日出荷となります。

JMCAプレート到着後、迅速に対応するつもりですが、取り扱いショップ様等の年末・年始休暇の関係で、年内にお客様のお手元に届かない場合もございます。
(恐れ入りますが、ご購入頂いたショップさんで年内出荷に関してのお問い合わせを戴きたいと思います。)

年明けの初出荷には間違いなく出荷可能ですの、納期に関しては年明けとお考え頂きたいと思います。
尚、今回ロットは在庫を十分確保出来る様にしています。

出荷に関して、更新情報がありましたらご報告したいと思いますので宜しくお願い致します。

ご迷惑をおかけしますが宜しくお願い致します。

CBR250Rマフラー出荷に関してのお知らせ

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

繝溘Λ繝シ繝√ち繝ウ+(2)_convert_20110706092925

CBR250R(国内/タイ仕様車共通)用スリップオンマフラーの納期に関してのお知らせになります。

発売当初からバックオーダーとなり、ご注文頂いたお客様にご迷惑をおかけした事もあり、しっかり在庫を確保する様にしていましたが、12月に入って急に繁盛期の様な動きとなっています。

油断していたつもりは無かったのですが、11月が比較的落ち着いた動きとなっていましたので、他機種と同数程度の在庫量に切り替えていってましたが、12月になってからのご注文が多く、年内の生産分の在庫が12/13午後3時の時点でほぼ無くなりました。(残り1、2本程度です。)

生産自体は引き続き行えるので問題ないのですが、JMCA認定プレート(サイレンサーに貼り付けるプレート)の入荷予定日が再来週となっており、入荷が遅れると年内の発送(弊社は29日が最終発送日です。)に間に合わない可能性もございます。

年内のご注文で来年の出荷(初出荷は1月5日です。)となった場合は、本当にご迷惑をおかけしますがご了承頂けます様、宜しくお願い致します。

尚、年内出荷可能日までにJMCAプレートが入荷した場合は、ブログにてお知らせ致します。
また次回ロットは繁盛期と同じ数量で製作する予定ですので、プレート入荷後は納期面でご迷惑をおかけする事はないと思います。

最後になりましたが、既にご購入頂いた皆様、またご購入をご検討頂いている皆様、数あるマフラーメーカーの中で弊社を選んで頂いて本当にありがとうございます。

弊社製品でご不明な点やご質問もメール等で受け付けていますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

それでは宜しくお願い致します。





CB400SF REVO メガホンS/Oマフラー

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

昨日もお伝えしましたが、㈱デイトナさんのテストコースで行われた加速走行試験に合格して来ました。

REVO TEST
REVO TEST (1)
※ 計測を行って頂いているのはJMCA事務局の張ヶ谷氏です。

近接は93db、加速走行騒音値は82dbで合格しています。

新規制に合格したマフラーとしては音量が小さ過ぎず、でもウルサ過ぎず、絶妙な数値での合格です。
正直なところ、内心はヒヤヒヤで、「試験に落ちたら次回は2月で、発売時期延びるし、行くの寒いし...」と考えていましたので結果には大満足です。

それと本日、YouTubeにベンチテスター上の動画をUPしました。
このブログ内のタグ付けは今夜遅くか明日位には出来ると思いますが、急いで見たいという方は

WR'S CB400SF REVO SUSメガホン S/Oマフラー

で検索してみて下さい。

動画の最初にプロトタイプと出て来ますが、加速走行試験を合格した仕様と全く同じ物になります。

重低音の効いた、アイドリングから一気に吹け上がる心地良いサウンドを動画上でどこまで再現出来ているかは、パソコンの環境にもよる為に分かりませんが、参考になればと思っております。

価格詳細や、仕様については今後もブログでお伝えする予定ですので宜しくお願い致します。

加速走行試験合格しました。

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

昨日、いつもお世話になっている㈱デイトナさんのテストコースに於いてJMCAの加速走行試験があり、合格してきました。

CB400SF REVO SUSメガホン

既にリリースしている従来のスリップオンマフラーとは見た目も音も一線を画すマフラーで、グラディウスやNinja400R等でご好評を頂いたメガホンスリップオンです。

グラディウスの場合、SUSメガホンとチタンオーバルの2種類のサイレンサーを設定していますが、特にSUSメガホンは音量が大きいという意味で無く、重低音の効いたすごく太い音質で大変ご好評を戴いておりました。

仕様としてはグラディウスのV2気筒エンジンから並列4気筒エンジンになると言う事もあり、内部構造をREVOに合わせて変更しています。

見た目の径等の変更はありませんが、開発する立場の人間として当然、REVOにマッチする様に専用設計としています。

音質に関しては、今回のREVOの場合は、直4という事もあり想像以上にパンチが効いており、正直いって試験に通るのかは(?)な感じでした。
近接は会社でも予め計測し、予測は立つのですが加速走行騒音は一般道でテストが出来ず、弊社に限らず各メーカーの頭を悩ますテストでもあります。

加速走行試験(82db)をクリアするのに神経を注ぎ過ぎると近接騒音値(94cb)に対してすごく静かなノーマルの様な音質のマフラーになってしまいますし、近接でそれなりにいい音を出すと加速走行騒音値が大きくなり過ぎる等、本当に難しい所です。

そういった意味では加速走行試験の音量も近接騒音値の音量も絶妙にクリアしたマフラーに仕上がりました。
何度も言いますが、決してうるさい音量のマフラーではなく「いい音のするマフラー」です。

早ければ明日、YouTubeにベンチテスト上のフル加速した時の動画をUPします。

デザイン面に関してですが、現地で㈱ダックスコーポレーションの浜さんと相談した結果を踏まえ、黒色のエンブレムでいく事に決定しました。
ただ、若干バランスに問題を感じるトコもあるので、新たにこれより小さいサイズのエンブレムにする事にして早速本日、エンブレムのデータ変更を終わらせ手配しました。

いい感じに仕上がってくる事でしょう。

CB400SF REVO用メガホンS/Oマフラー

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

只今より車両検査協会まで2輪車モードの排ガス試験に行って来ます。

常温(決められた温度)で24時間置いた後、暖気無しのテスト(コールドスタート)になりますので正式には明日の試験になります。

数本程度、プロトタイプを製作して特性を見る為、またデザイン面での比較の為に製作しましたが、現時点でもかなり悩んでいる事があります。

それはエンブレムのカラーです。

TEST.jpg

この写真に使用している黒色か、前回ブログの写真のシルバー(色無し)にするかの結論が出ないままです。

濃い色の方がメガホンのラインにメリハリが付くのか、それともさりげなくエンブレムを見せる方がメガホンのイメージに合うのか...

しばらく悩んでみるつもりです。

CB400SF REVO メガホンスリップオンマフラー

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

来週の排ガス検査、さらにはいつもお世話になっている㈱デイトナさんでの加速走行試験まで日にちが迫ってきました。

時間が無いにも関わらず、全く違うタイプの商品に仕様変更した事もあり、かなりバタバタと追われております。
触媒位置の変更や取り回しの調整、ベンチテストの結果を踏まえ、かなりいい感じになってきました。
ただ救いは、既にたくさんのベンチテストデータを持っていたのでピンポイントとはいかないですが、テスト序盤からそこそこ感触あるデータが得られ、作業自体はスムーズに行えた事です。

取り回し等は最終調整中ですが、こんな感じになります。

メガホン (1)
メガホン

全てお見せ出来ればいいのですが、現時点で完全なプロトタイプになりますので、全体写真等はもうしばらくお待ち下さい。

あと数日の山場を越えれたらじっくりお見せ致します。

また、近く動画もYouTubeにUPする予定です。

かなりワイルドな感じで、重低音なアイドリングから一気に吹け上がる動画をお見せ出来ると思います。

それでは宜しくお願い致します。
-WR'S-サウンド
プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
ダブルアールズ製品のマフラーやカーボンパーツなど
開発状況や各パーツの担当者のコメントなどを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR