Ninja400R/ER-4nに関してのお知らせ

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

Ninja400R/ER-4n用スリップオンマフラーに関してですが製作進行に若干、遅れが生じています。

25日受付分までのご注文に関しては昨日27日に全て出荷が終わり、現状バックオーダーはございませんが、これからご注文頂いた場合の出荷予定日は来週金曜日(11/4)頃になると思います。

季節的な関係で在庫はしっかり確保出来る予定です。
ご検討頂き、お問い合わせ頂いた方には申し訳ございませんが、今しばらくお待ち下さいませ。

DSC01287.jpg

次に外装パーツに関してのお知らせです。

現在、開発中のカーボンスプロケガードですが、取り付けを行うボルト部にスタンドフックを装備(もちろん左右共です。)させて、ただ取り付けるだけでなく、機能や見た目の雰囲気にも貢献してくれるようにと考えており、スタンドフックの形状決定や仕上げに関してもう少しだけお時間がかかりそうです。

詳細決定後、ブログにUPさせる予定ですので今しばらくお待ち下さい。
少しだけ触れると、スタンドフックの材質はアルミ17S(質感、強度共に抜群です。)、仕上げはチタン色系のアルマイトを施す予定にしています。

(スタンドフックは汎用性がある為、単品でも発売する事も考えています。)

また、小石の巻き上げ等によるコアの破損から、ラジエターを守る役割をするラジエターコアガードも検討中で、冷却効率を損なう事の無い様、配慮しながらデザインを模索中です。
Ninja400R/ER-4n用だけでなく、CBR250R用や他機種ついても検討中で、こちらも詳細が判り次第、ブログで報告したいと思います。

それでは宜しくお願い致します。

スポンサーサイト

CBR250R ノーマル比較データです。

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

最初にお知らせです。
本日よりCBR250R(国内/タイ仕様共通)用スリップオンマフラーとして1ロット目の出荷を開始致します。

本日の出荷は既にご注文頂いているバックオーダー分の出荷のみとなり、本日以降のご注文分は明日からの出荷となりますので宜しくお願い致します。

在庫もしっかり確保出来ていますが、ミラーチタンサイレンサー(BM1205JM)のみ材料納入の加減で現状、少なくなっていますが、月明けには正常化すると思われますので宜しくお願い致します。


本題であるノーマルとの比較データですが、CBR250Rに関してかなりの回数のブログ更新をした中で、既にUPしていたつもりでしたが、開発途中のプロトタイプのデータしかUPしてなかったみたいです。
ユーザーの方からリクエストがあり、気が付きました。

ノーマル比較データはこちらになります。

比較データ

相変わらず、見にくい画像で恐縮しますが、黒線がノーマルデータで赤線が弊社スリップオンマフラーのデータになります。

リクエスト頂いたユーザーさんが体感されてた通り、中速域で大きくアドバンテージのあるグラフとなっています。

ピークパワーはノーマルと大差はございませんがピークパワー以降のパワーの落ち込みが非常に少なく、これはマフラーを評価する上でパワーバンドの広さ(マージン)に繋がり、結果としてレスポンスやノーマルと比べての加速力に大きく影響する事になります。

過去のブログに書いた通り、ある意味ノーマルのエキパイの素晴らしさも証明したかたちになっています。

グラフでは低速域でノーマルと同じ曲線を描いていますが、シャーシダイナモ上のデータでは6速30km/h-100km/hまで加速する時間が約1秒程短縮出来ており、実際に走行すると風圧や諸々の条件によりそこまで差が開く事はないですが、マフラー交換された方はそれなりの体感が出来る事と思います。

スリップオンとはいえ、フルエキに負けない様な仕様になっていると思います。


過去のブログでも書きましたが、弊社のベンチテストの機械はフランスの「FUCHS(フックス)」製です。
ドゥカティやアプリリア、トライアンフ等をはじめ欧州のバイクメーカーの生産ラインで使用されたり、世界のドゥカティ・ストアで推奨されている機械を使用しています。
以前はボッシュ製を使用していましたが、あまりにもアナログ過ぎて測る人によって成績が変わるのを危惧し、フックス製を導入しました。

この機械は、皆様よくご存じのダイノジェットの様にパソコン上で加速比較出来たり等、ショー的な見せる演出はほとんど出来ず、淡々と計測するのみの機械ではありますが非常に堅実な機械で、計る人を選ばず、またバイクを設置するのは素人でもボタン一つでバイクを設置出来る様なシステムでマフラーを開発するにあたり、かなり私好みの仕様となっています。

マフラー開発の際、意図して変更した寸法に対して良くも悪くもシビアで堅実な実際のグラフを描いてくれるので開発者としては常に挑戦する気持ちにさせてくれます。


まぁ、いずれにしてもご参考程度という事にして下さい。

パワーグラフというのは私達のようなマフラー屋さんにはマフラーを開発する上で非常に大きな要素となりますが、バイクを乗られているユーザーさん達には目で見て判るグラフではなく、是非、乗ってフィーリングを感じて頂きたいと思います。

グラフと同じ様に体感出来ない場合ももちろんございますし、またグラフに現れないフィーリングも感じれるのではないかと思います。
グラフは、あくまでもバイクの個性の出し方の一つの要素に過ぎない物である事をお忘れなく。

納期に関してのお知らせ

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

納期に関してのお知らせです。

CBR250R用スリップオンの次回ロットですが、先日のブログでも触れましたがJMCA認定プレートの納入に遅れが出ており、現時点で未だ弊社にプレートが届いていない事もあり、当初の20日予定から25日出荷予定と変更させて頂きます。(一応、今週中頃にはJMCA認定プレートが到着する予定になっています。)

既に予約頂いている方にはご迷惑をおかけしますが今しばらくお待ち下さい。

造ってはすぐ在庫切れという、ご注文されたお客様には大変ご迷惑をおかけして来ましたが、今回は季節的に最大の需要期を越しましたので製作後、すぐに在庫が切れてしまうといった状況にはならないと思います。
いつもと同じ製作数ですが、しっかり在庫が出来ると思います。

次にNinja400R用スリップオンに関してですが、こちらも現在製作中です。

出荷予定は25日~28日頃を予定しています。
CBR250Rのご注文数に押され、ブログでCBR250Rの事ばかり報告するので、お店やお客様から「Ninja400Rはどうなっているの?」とお叱りを頂いておりました。
スリップオンとはいえ、弊社のNinja400R用スリップオンはある意味フルエキよりも手間がかかり、製作に時間がかかる事から、Ninja400Rのお客様にも納期面で大変ご迷惑をおかけしていました。(申し訳ございません。)

現状、数本バックオーダーを戴いていますが、こちらも出荷後は十分に在庫が確保出来ると思いますので宜しくお願い致します。

ご購入頂いた皆様、ご検討頂いている皆様、本当にありがとうございます。

それでは宜しくお願い致します。

製品及び開発に関してのお知らせ

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

最初にCBR250Rに関してのお知らせです。

おかげ様で在庫分は全て完売となりました。
本当にありがとうございます。

CBR250R(国内/タイ仕様共通)となる次回ロット分ですが、10月20日頃予定とお伝えしていますが、JMCA認定プレートの納入に少しお時間がかかっており、予定日より少し遅れそうな感じです。
納入され次第、出荷の準備を開始しますが10月25日頃になりそうです。

現在バックオーダーを頂いている分からの出荷となりますが、なるべく早く出荷出来る様、努力致します。

タイ仕様 (1)

次に開発予定ですが、ホンダPCXを予定しております。

現在のところ、このマフラーに使用予定の触媒やその他部品を吟味中ですが、具体的に進行していく過程をブログでも紹介していく予定です。

恐らく今年最後の加速走行試験(12月)の受験となりそうです。

また、現時点で構想中ではありますが、CB400SF REVO用のスリップオンマフラーを新たに追加したいと考えています。

サイレンサーは、グラディウスの時に使用した「ショートオーバルサイレンサー」を使い、ショートタイプのスリップオンマフラーを製作したいなと考えています。

XJR400R SHORT (6)

画像はXJR400の装着画像の為、イメージが湧きにくいかも知れませんが、このサイレンサー位置をもっと短く持って行って、図太い重低音で尚且つ新規制を合格したマフラーをと考えています。
サイレンサーの固定方法はサスペンションからアルミステーで吊る方法を取る事で、カスタム感と共にワイルド感も演出し、フルエキにも劣らないスリップオンの存在感を出せればと思っています。

CB400SF REVOに関してはフルエキ、スリップオン共、既に開発しており、蓄積したデータと最近の開発で得た新たなデータを元に、ただ単にショートタイプにするといった事ではなく、しっかりパワーを稼ぎながら実のあるスリップオンに出来ると考えています

タイミングを見ながら進めて行きたいと考えています。

出荷及び次回ロットのお知らせ。

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

最初に、現在ご注文頂いているCBR250R用スリップオンマフラーについてお知らせします。

本日10/7(金)の午後3時迄にご注文頂いた物を含めて全て出荷の準備が整いましたので、各販売店様に向けて本日出荷致します。

長らくお待ち頂いたお客様、お手元に届くまで今しばらくお待ち下さい。
(お待たせして本当にすみませんでした。)

尚、在庫は2本だけとなりますが、一応確保出来ました。
この2本に関しては、お客様ご注文後にサイレンサーを組み立てる予定ですので、現時点でどのタイプのサイレンサーを選んで頂いても出荷が可能となっています。

連休明けスグに在庫が無くなると思いますが、取り置き(キープ)はせず、ご注文順になりますのでご了承下さいませ。


次に次回ロット分のお知らせです。

次回よりCBR250R(国内/タイ仕様車)共通としての発売になるのですが、先のブログでお伝えした通り、当初の11月初旬予定より、早めにと言う事で調整させて頂き 「10月20日発売開始」 と決定しました。

2週間程、前倒しにした為、JMCA認定プレートの納入日の加減で多少前後する事もありえますが、どちらにしても最善を尽くして製作に取り掛かる予定です。

次に前回ブログのご質問メールや電話がございましたのでこちらでもお知らせします。

「チャリティオークション」に協賛させて頂いた商品についてですが写真の通り

・ 品番 BC1205JM カーボンサイレンサースリップオン 定価 50,400円 になります。

ありがたく協賛させて頂くのなら、一番高い商品でという事で弊社の人気商品でもあるカーボンにしました。

チャリティオークションに賛同頂ける方でこの製品をご検討頂いている方はチェックしてみて下さい。

それでは宜しくお願い致します。


チャリティオークション。

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

ウェビック様におきまして、現在11周年記念セールが開催されていますが、同時にチャリティオークションも併催されております。

オークションによる収益は、全て被災地の復興支援の義捐金となる予定で、弊社も趣向に賛同させて頂きまして、ささやかながら弊社もCBR250R用カーボンスリップオンマフラーを協賛させて頂きました。

トリコロール

またこの商品を落札された方には非売品のステッカー、携帯ストラップを含むステッカーSETも同梱しております。

ステッカーSET (1)

一人ひとりの力は本当に微力ですが、少しでも被災者の皆様のお力になれたらという思いを、賛同されてオークションに参加される方達と共に届けられたらと思っています。

ご購入を検討頂いている方で、チャリティオークションに賛同頂けるという方は、こちらの方もチェックしてみて下さい。

http://www.webike.net/camp/ca130/

それでは宜しくお願い致します。

CBR250Rスリップオンマフラーに関して

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

CBR250R用スリップオンマフラーですが、今回ロット分(10/7頃予定)のご予約が本日の在庫確認依頼分及びご注文分でほぼ完売しそうな感じです。
このブログを書いている現時点で残り数本程度となっています。

本日、在庫確認で「在庫あり」とご返事させて頂いているお客様、お電話でもお話させて頂いてますが、ご注文のタイミング次第では、在庫無しで次回ロットのご予約となる場合がございますので予めご了承下さい。

先のブログでお伝えしましたが、次回ロットは、新たにタイ仕様車もラインナップに追加される為、(国内仕様/タイ仕様共通)として11月初旬予定となっています。

しかしながら、今回ロットが予想より早く完売になりそうなのに加え、次回ロット迄の期間が20日以上もお待ち頂く事になりますので、現在、11月初旬発売予定を繰り上げて10月中旬頃に発売出来る様、JMCA認定プレートの納期等を調整しています。

私ごとですが、タイ仕様の追加発売に関して新製品案内のリリースもまだ製作しておらず、若干というか、かなり慌てている状況です。

各取り扱い販売店及び商社様には新製品案内から販売までの期間に余裕がなく、お叱りを頂きそうですが、数ある中で弊社製品を選んで頂けたお客様優先という事でご了承頂きたいと思います。

近く、発売日(次回ロット分)を決定し、ブログでご案内させて頂きます。

それでは宜しくお願い致します。

-WR'S-サウンド
プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
ダブルアールズ製品のマフラーやカーボンパーツなど
開発状況や各パーツの担当者のコメントなどを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR