新型CBR250RR マフラー開発日記② スタートです。

CBR250RR Sフルエキ (1)

本日から新型サイレンサーを用いて新たなフルエキ製作に入りたいと思います。
車両の下が相変わらずゴチャゴチャしていますが、マフラー開発の手順としまして、現在販売中のフルエキとレイアウトを大きく変更する事もあってノーマルステップとバックステップの装着位置をあらためて確認し、どんな感じでマフラーレイアウトする事が可能なのか?等々を確認していました。

ノーマルステップとバックステップの場合とでは当然ながら干渉し得るポイントが違う事もあり、ユーザーがバックステップを装着した想定も当然ながら必要です。

マフラー屋さんあるあるですが、マフラー造りに集中するあまり、ノーマルステップに合わせて攻めたレイアウトにした結果、バックステップにしたら干渉する。。。で、やり直しとか(笑)、結構あるみたいです。。。私は元々カスタム車両が好きなので、普段からバックステップ装着時のイメージを持ちながら開発しているのであまりそんな事は起こりませんけど。

たまに開発ブログに書いたりしますが、私の場合は基本的にマフラー開発の際は、予め浄化性能を確認した触媒を選定し、とりあえずレイアウトは決めずにパワーの出る寸法を探し、目処がついた時点で細かな寸法変更のついでに製品化する為のレイアウトを決めていくといった手法でマフラーを開発します。

触媒を先に選定するのは、触媒自体の大きさや配置でパワーカーブに大きな影響を及ぼすからです。
もちろん、マフラー造りの方法として最後に触媒を選定し、効率の良いところに入れるといった方法を取る人もいると思います。

でも、この方法を取ると最後にパワーカーブに大きな影響を及ぼすんですよね、確実に。
最後に触媒を選定して入れる手法の方は、それも考慮してるんでしょうけどね。。でも実際には大きく寸法が変わる事が多いです。

せっかくパワーの出たところから触媒を入れてパワーが落ちたら寸法を変えて。。。というのは私的には無理ですね(笑)
同じくレイアウトに関しても最初に格好の良いレイアウトにしたとしましょう。
その後、ベンチテストの結果寸法が変わって格好の良いレイアウトを崩していくという手法も私的には無理です(笑)

先にレイアウトしてしまうとその寸法ありきでマフラー寸法を決める事になるので、どうしても見た目に格好良かったレイアウトを採用したがるんですよね。。。あくまでも私はですが。

後からレイアウトを決めるメリットは、仮に寸法的にかなり長い寸法が必要だった時、そのまま造ると格好の悪いマフラーになると思われがちですが、それを格好良くする為に、エンジン下でトグロを巻いて管長を稼ぐ工夫をしたりと、結果としてメカニカルで格好の良いマフラーになったりもします。(マフラーのレイアウトって基本これだと思っています)

CBR250RR Sフルエキ (3)
今回は新作サイレンサーでの開発になりますが、でもこれはいつもの開発の時の話です。

これだけ書いておきながら今回はレイアウトありきをメインに進めて行く予定です。
矛盾していますが。。。(笑) もちろん理由はあります。

というのも既に発売しているフルエキゾーストでどれ位、パワーが上がるものなのか凡その見当は既についています。

CBR250RR    フルエキ最終仕様 (6)
LM1230JM (1)
この仕様のマフラーでこれだけパワーが上がる事が確認出来てるんですよね。
正直言ってこれ以上、ノーマルで上がる事はほぼほぼ無いと言える位にベンチテストをしました。

触媒が入っているJMCA認証マフラーですが、CBR250RRカップ車のレースマフラーよりもパワーは出てると思いますし(笑)

なので、このマフラーデータをベンチマークする事にして、まずは新型サイレンサーの形状が似合うと思うスタイルを探してレイアウトをして、ベンチテストをしながら寸法の修正やレイアウトの調整を行っていこうと思っています。

今回はなるべくショートタイプにしたいと思っており、短くなる事で音量が厳しくもなりますが、そこはサブサイレンサーやサブチャンバーを使用してでも進めて行きたいと現時点では考えています。(それこそスペースがあればの話ですが)

因みにエキパイ自体は既に発売中の製品と同寸法同レイアウトからのスタートですので、その理由は追々書きますが、イチから全て変更と言う事ではないので、時間的猶予で言えば来月に行われるJMCA認証試験には十分間に合うかと思っています。

出来るかどうかやってみないと分りませんが、常用の5,000~8,000rpm辺りの特性を更に良く出来ればと考えていますが、どうなるでしょうかね?
自分自身楽しみにしていますが、まずはこんなコンセプトでスタートしますので宜しくお願いします。

CBR250RR Sフルエキ (2)
スポンサーサイト

新型CBR250RR 弊社マフラー用オプションステーのリリース日決定です。

オプションステー装着  フルエキゾースト (12)

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

お問い合わせ頂いていました皆様、長らくお待たせ致しました。リリース日及び品番・価格が決定しましたのでお知らせ致します。

【 リリース日 】     10月30日(月)~
【 品番 】         OP1230AS
【 価格 】         7,500円(税抜) です。 

※ ノーマルマフラーの場合は装着不可です。 弊社マフラー専用のオプションアルミステーとなります。

まずはフルエキゾーストでの装着写真からです。

オプションステー装着  フルエキゾースト (1)
オプションステー装着  フルエキゾースト (4)
オプションステー装着  フルエキゾースト (3)
オプションステー装着  フルエキゾースト (9)
オプションステー装着  フルエキゾースト (17)
そもそもフルエキゾースト用に製作したアルミステーとなりますので、フルエキゾースト装着時にはノーマルの固定位置より、若干UPスタイルでの装着が可能となり、またマフラー自体を車体側に寄せて装着する事が出来る為に、UPスタイル&車幅自体もよりコンパクトになるかと思います。(スイングアームとマフラーのクリアランスも確保しています。)

次にスリップオンでの装着写真です。

オプションステー装着  SV1230JM (1)
オプションステー装着  SV1230JM (2)
オプションステー装着  BC1230JM (3)
オプションステー装着  BC1230JM (2)
オプションステー装着  BC1230JM (4)
スリップオンの場合においても若干、UPスタイルとなりますが、ノーマルマフラーのマフラー差込口に合わせてスリップオンをレイアウトしてる加減で、マフラー自体を車体側に追い込む事は出来ません。(言えば、ノーマル装着位置と同じです)

またスリップオンで装着する場合は、オプションステーとサイレンサーバンドの間にスペーサー(軽量アルミを使用)を挟み込んでの固定となります。(ノーマルステップホルダー位置に合わす為)

※ ノーマル装着時との比較は弊社ホームページの製品ページ画像と比べて頂ければ幸いです。

と、こんな感じになります。

今週中に各販売店・卸商社様への案内予定となっていますので、お問い合わせ頂きました各販社様、何卒宜しくお願い致します。


それでは取り急ぎお知らせとなりますが宜しくお願い致します。

オプションステー装着  フルエキゾースト (15)


新型CBR250RR オプションステー装着画像

CBR250RR   オプションステー (4)

本日午前中、国内仕様車にスリップオンとオプションステーを装着しましたのでそれぞれの画像をUP致します。

実際にご購入されるかどうかは別でしょうが(笑)、CBR250RRをよりレーサーチックにとお考えの方がいらっしゃるみたいで、せっかくレプリカ系の250ccなので、どんな感じになるのか写真を見てみたいとの声が多くあったので、パイプステーで販売と決めた訳ではございませんが、現状あるステーで写真を撮ってみました。

それではフルエキゾーストから。
CBR250RR   オプションステー (9)
CBR250RR   オプションステー (7)

とこんな感じです。
次にスリップオンです。
オプションステー装着  SV1230JM (3)
オプションステー装着  SV1230JM (2)
画像はチタンオーバルです。

オプションステー装着  BC1230JM (3)
オプションステー装着  BC1230JM (2)
そしてラウンドタイプです。

先のブログで触れましたが、海外からレースで使用する為のアルミステー製作依頼だったので、フルエキのサイレンサーがより車体側に沿う様な位置でアルミステーを製作した事を、本日スリップオンを装着時に思い出しました。。。(笑)

スリップオンの場合、アルミスペーサーを使用して取り付ける事となりますが、それ以外は特に問題なく、少しUPスタイルな感じで装着が可能です。

アメブロ、FC2とブログを更新しながら、「まぁ、需要は限定的」とは分っているつもりで書いていますが(笑)、私の様な発想の方々も結構いるんだなと思いながら、1ロット位は売り切れるかな?と軽い気持ちで製作したいと思っています。。。(笑)

本日もバックオーダー分のマフラーを大量に出荷しましたが、フルエキに関しては次のロット分もおかげ様でオーダーが入りだしている事もあり、まずはマフラーの受注が追いついてから販売時期を決めたいと考えています。

また動きがあればご報告させて頂きます。
それでは今日はこの辺りで。

オプションステー装着  BC1230JM (4)
CBR250RR   オプションステー (11)

新型CBR250RR フルエキゾースト 動画UPしました。&アルミステーのお話し。

CBR250RR  アルミステー (4)

現在5時半過ぎの大阪は太陽もはっきりと見えて、西日のきつい夏らしい天気に戻って来ました。
北陸や東北地方の方々は現在台風が通過中でまだまだ予断の許さない状況が続くと思いますのでくれぐれもお気を付け頂きたいと思います。

さて、本日YouTubeに新型CBR250RRのフルエキ2種類の動画をUPしました。
フルエキに関しては本日からリリース開始となりますので、何とかリリースと同じタイミングで動画をUP出来てホッとしています。

またスリップオンの動画ですが、アメブロの方にも書きましたが私の凡ミスで動画編集時の挿絵に間違ってフルエキの画像を使用しておりました。。。
昨夜、それに気が付いて本日午前中に編集し直して再UPしました。
スリップオン動画に関してたくさんの方々から良い評価を付けて頂いてましたが、せっかく高評価頂いたにも関わらず、動画を削除する事になってしまって大変申し訳なく思います。(皆さん、ありがとうございます&すみませんでした。)

いずれにしてもスリップオンとフルエキが同じタイミングで動画UPとなりましたので、その違いについて比較参照頂ければ幸いです。

【 新型CBR250RR フルエキゾースト(ラウンドタイプ) 】

【 新型CBR250RR フルエキゾースト(チタンオーバルタイプ) 】

【 新型CBR250RR スリップオン(ラウンドタイプ)

【 新型CBR250RR スリップオン(チタンオーバルタイプ) 】

※ それぞれのURLを貼り付けておきますね。

フルエキとスリップオン、それぞれの特徴がしっかり出てると思いますので宜しくお願い致します。

次にアルミステーに関してです。

CBR250RR  アルミステー (5)

以前のブログで、弊社のマフラーユーザーチーム(香港)がマカオのレースに出場する為にリクエスト頂き、製作したアルミパイプステーの話を、アメブロブログで書きましたが、フルエキ発売が近づいた先週辺りからこのアルミステーに関してお問い合わせが増えております。

お問い合わせの内容は、当然ながらオプションで発売するのかどうかという事ですが、ブログで書いた当初、それほど反響があった訳ではなかったので、発売に関してはあまり深く考えていませんでした。

先にも書いた通り、既に弊社マフラーユーザーチームには10本ほど発送しましたので治具自体は存在します。
なので、量産となるとそんなに時間がかからず製作は可能なんですけどね。。。
オプション設定といっても受注生産ではあまりにも効率(&採算)が悪いので、それは論外として実際のところどれ位の需要があるのでしょうかね?

お問い合わせを頂く方々は当然、タンデムやツーリングバックを使わない前提でご連絡くれているんですが。。。
因みに私もタンデム嫌いでオマケに余分な物(?)を外して乗りたい派なので、お問い合わせの方々の気持ちは察するのですが(笑)

またステーに関してのお問い合わせの中でスリップオンにも装着可能かという質問もありましたが、ほぼ間違いなく大丈夫だと思います。
まぁ、お盆明けにでもスリップオンとフルエキでアルミステー装着の写真を撮り直してみてもいいかなとも考えています。

まぁ、海外からもリピートでマフラーと共にステーの注文も入ると思うのでオプション設定してもいいかとも思っていますが、問題は形状。。。というか、頭の中にはアルミ削り出しで製作してもいいかな?とも考えていますが、それはもちろんコスト次第ではありますが選択肢は何通りかありそうです。

急く話ではございませんが、どれ位の方が必要とされているのかを知りたくもありますので、興味のある方はメール等で欲しいよ~的な意思表示があれば嬉しいです、はい。

ただ、造るといってもしっかりお客さんの欲しい価格にならないと話にならないのでその点も踏まえて少し考えてみたいと思います。

それでは今日はこの辺りで。

CBR250RR  アルミステー (10)

新型CBR250RR JMCA認証フルエキゾースト リリース日決定しました。

CBR250RR    JMCAフルエキ (5)

おはようございます。
今日から8月で、学生の皆さんは夏休みが始まったばかりですが、我々業界はどうも鈴鹿8耐が終ると「夏が終った」感が出て、肩の力が抜けるというか...8耐出てないのですけどね...(笑)

まぁ、毎年8月は売り上げが落ち着くというか、お盆休みもあって一息つけるのでそんな気がするのでしょうけど。

さてアメブロの方でもお伝えしましたが既にリリースに向けて準備を進めている新型CBR250RR JMCA認証フルエキゾーストの詳細情報と共にリリースに関してのご連絡です。

【 新型CBR250RR JMCA認証フルエキゾーストマフラー 】

【 リリース開始日 】    8月7日(月)~

【 音量(近接/加速) 】   ラウンド(真円)タイプ   : 近接 93dB / 加速 82dB
                  チタンオーバルタイプ   : 近接 92dB / 加速 79dB
【 マフラー重量 】      3.83kg ~ 4.05kg  ※ ノーマル重量は8.46kg  詳細は下記のとおり。

※ 尚、出荷に関しては運送会社の集荷時間変更等、諸事情により8月8日(火)からご予約順に出荷させて頂きます。

【 パワーグラフ ※ノーマルとの対比グラフ 】

CBR250RR    フルエキ最終仕様 (6)

【 新型CBR250RR ラウンド(真円)タイプフルエキゾースト 】  ※価格は全て税抜き価格です。

・ ステンレスサイレンサー仕様   品番 LA1230JM  価格 79,000円  マフラー重量 4.05kg
LA1230JM (1)
LA1230JM (2)
LA1230JM (7)
LA1230JM (3)

・ カーボンサイレンサー仕様   品番 SC1230JM  価格 84,000円  マフラー重量 3.83kg
SC1230JM (1)
SC1230JM (2)
SC1230JM (6)
SC1230JM (5)

・ 焼き色チタンサイレンサー仕様  品番 LS1230JM  価格 85,000円  マフラー重量3.86kg
LS1230JM (1)
LS1230JM (2)
LS1230JM (6)
LS1230JM (5)

【 新型CBR250RR チタンオーバルフルエキオースト 】    ※ 価格は全て税抜き価格です。

・ チタンオーバル(ソリッド)タイプ   品番 LV1230JM  価格 88,000円  マフラー重量 3.99Kg
LV1230JM (1)
LV1230JM (6)
LV1230JM (4)
LV1230JM (5)

・ チタンオーバル(焼き色)タイプ  品番 LM1230JM  価格 91,000円  マフラー重量 3.99kg
LM1230JM (1)
LM1230JM (3)
LM1230JM (6)
LM1230JM (7)

となっています。

マフラー重量に関してはノーマル重量に対してどのタイプでも半分以下の重量まで軽量化を計っていますので、取り回しや車体の切り返し等、乗っていても十分体感出来るのではないかと思います。

またフルエキゾーストになる事でノーマルマフラーとは一線を画すパワーフィールを体感頂けるとともに、重低音の効いたレーシングサウンドを彷彿とさせる音質、フルエキならではのマフラーレイアウト等々、満足して頂ける仕様に仕上がったのではないかと感じています。

またチタンオーバルサイレンサーに関してですが、チタン製コニカルエンド仕様も9月中旬発売を目指して開発中です。
この商品も詳細を紹介出来る時が来ましたらブログでUPさせて頂きますので宜しくお願いします。

※ 現時点では価格及び品番は全くの未定です。お問い合わせ頂いた皆様、今しばらくお待ち下さい。


いよいよ来週から発売のフルエキゾースト、ご期待下さい。

それでは宜しくお願いします。

CBR250RR    JMCAフルエキ (6)
-WR'S-サウンド
プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
ダブルアールズ製品のマフラーやカーボンパーツなど
開発状況や各パーツの担当者のコメントなどを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR