YZF-R25 レース用フルエキゾースト発売のお知らせ

昨日は荒れ模様なレースとなりましたが鈴鹿では2&4が行われ、全日本JSB1000クラス開幕戦を新型投入したCBR1000RRがデビューウィンを果たしましたね。

さてさて今年もレースが本格的に開幕となり、タイミング的には微妙な感じではありますが...

YZF-R25    レースマフラー      JP250 (1)

YZF-R25用フルエキゾースト 今週からリリース開始です。

価格及び品番ですが。。。

・ ステンレス/チタンサイレンサー(ソリッドチタン)                    品番 RFV2250JP  定価 83,000円(税抜き)
・ ステンレス/チタンサイレンサー(ソリッドチタン)オプションセンサーボス付き   品番 RFV2255JP  定価 86,000円(税抜き)
・ ステンレス/チタンサイレンサー(焼き色)                        品番 RFM2250JP  定価 86,000円(税抜き)
・ ステンレス/チタンサイレンサー(焼き色)    オプションセンサーボス付き   品番 RFM2255JP  定価 89,000円(税抜き)

となっています。

フルコン等使用の場合、M18用センサーボスが必要となって来ますが、その場合は品番(RFV2255JP/RFM2255JP)の商品を選択頂ければ出荷時にご指定の位置にセンサーボス加工を施しての出荷が可能です。
また商品購入後であれば、お客差の送料はかかりますが追加加工も可能です。 ※ レース用のみの対応です。

基本的にはもて耐等の参加型レースやサーキット走行を純粋に楽しむ方用にノーマルセンサーボスが標準装備しています。
ご購入前にご連絡頂ければ、何なりと相談は乗る事が可能ですのでお気軽にどうぞ。

またこの商品もレースサポートに力を入れている「ウェビック」さんのサイトでご購入頂けますが、一般公道に流入しない様に使用承諾書や必要に応じてサーキットライセンスの提示等を経てしかご購入出来ませんので、その点は宜しくお願いします。

製品情報としては下記の通りとなります。

□  YAMAHA YZF-R25 レース用フルエキゾースト(専用品)
□  音量          :  104~5dB以下/7,500rpm ※ 出荷時音量。音量はレースレギュレーションに準ずる。
□  エキゾーストパイプ :  ステンレス使用。(レギュレーションに準じる)
□  サイレンサー     :  チタン使用。(サイレンサーシェルのみ)
□  重量          :  3.55kg (純正マフラーは約8kg)

YZF-R25    レースマフラー      JP250 (6)
YZF-R25ノーマル(ゼロマップ)との対比グラフです。
今年に入って全日本JP250でテスト参戦しながら更なるアップデートを繰返しましたので、上記グラフより更に高速域のパワー感、レブ特性の向上を果たしております。

全日本筑波Rdでもその速さは証明出来たと思いますが、正直言ってかなりやれるマフラーに仕上がっていると思います。

先にも書きましたが、シーズンに入っていますので微妙なタイミングではありますが(笑)、もて耐の出場を目指している方や、マフラー変更を考えている方、また本格的にサーキット走行を始められる方々等、ご検討頂ければ幸いです。

また仕様に関してあらためてブログで書きたいと思いますが、取り急ぎご報告と言う事で本日はこの辺りで失礼します。

YZF-R25    レースマフラー      JP250 (2)


スポンサーサイト

レース用マフラーに関してお知らせ

Ninja250SL    jp250 レース用

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

今週も週末になり、ようやく私の業務も一段落しそうです。まだ若干、残ってはいますけども。。。
1月も残すところ本日を入れて4日となりましたが、今月は例年になく良いスタートが切れました。

まだ手元に来ていませんが新型CBR250RRの情報がネットで盛り上がっている状況下で、今月はフルエキ・スリップオン共にYZF-R25/MT-25用のマフラーが良く出ましたね。

特にスリップオンに関してはここ2週間位でかなりご注文を頂いたみたいで、在庫切れも出たりとご迷惑をおかけしておりますが、出荷体制も整いつつありますので、ご迷惑をおかけしますが宜しくお願いします。

さてレース用マフラーに関してのお知らせです。

レース用マフラーのラインナップに関しては、現在のところ下記のラインナップを考えております。

・ Ninja250SL     フルエキゾースト(JP250)
・ YZF-R25      フルエキゾースト(JP250)
・ 新型CBR250RR  フルエキゾースト(JP250)

新型CBR250RRに関しては皆様ご存知の様に国内仕様の発売が春先になる見込みなので、来週早々にでも納車されるインドネシア仕様の車両で開発を進めますが、発売はかなり先の事となりそうです。

販売方法は、通常の商品とは異なります。
レース用パーツに関しては、弊社直販・指定レース用ショップ、またWEBショップではウェビックさんのみの取り扱いとなります。

去年のブログでも書きましたが、レース用マフラーが一般公道に流入する事も懸念され、クローズドコース(サーキット)を走る車両に対してのマフラーになりますので、現在ウェビックさんと「一般公道使用禁止の承諾書」等々の準備を進めておりますので、ウェビックさんのサイトで購入頂けるのはもう少しお時間がかかるかも知れません。

また準備が整い次第、告知させて頂く予定ですが、お急ぎの場合、弊社に直接ご連絡頂けましたら個別に対応させて頂きますので宜しくお願い致します。

価格に関してですが以下の通りとなります。

【 Ninja250SL 】  

Ninja250SL wrs JP仕様 (1)

・ ステンレス/チタンサイレンサー(ソリッドチタン) 品番 RFV4260JP  定価 74,000円(税抜き)
・ ステンレス/チタンサイレンサー(焼き色)     品番 RFM4260JP  定価 77,000円(税抜き)

【 YZF-R25 】

yzf-r25 wrs JP仕様 (2)

・ ステンレス/チタンサイレンサー(ソリッドチタン) 品番 RFV2250JP  定価 83,000円(税抜き)
・ ステンレス/チタンサイレンサー(焼き色)     品番 RFM4260JP  定価 86,000円(税抜き)


222  JP250 レース用マフラー

またフルコン装着時等に必要な社外センサーボスに関してはオプション(有料)となりますが、マフラー購入時に指示頂ければ取り付けて出荷する事も可能にしています。

また個別の商品毎にブログでご案内したいと思いますので宜しくお願い致します。

レース用マフラーに関してはいろんなご意見を頂き、「どんなに頑張っても一般公道で使用するヤツは何としてでも手に入れるよ!」、また「マフラーを売るショップを限定すると販売数に影響が出る」等々、当然ながら私も理解した上での事です。

前にも書きましたがレース用マフラーで採算取れなくても、数量出なくても全然OKなんです、はい。

レース用マフラーの開発はJMCA認証マフラー等の一般公道用マフラーの為の豊富なデータ蓄積に役に立ってくれますし、純粋にパワーを求めるマフラー造りで、そのバイク本来の性格を見つける事が出来る事もあり、今まで販売していなかっただけで、沢山のレース用マフラーの開発に携わったり、OEMで開発したりしているんですよね。

なのでレース用マフラーが仮に不採算であろうがなかろうが、弊社の商品を開発する上で常にルーティンの中に入っていることでもあります。むしろ、今度はそれを売る事になるので決してマイナスではないんです、はい。

格好を付ける気はサラサラないですが、レース用に関しては必要と思って頂ける方々にさえ手に渡ればそれでいいと考えています。

通常商品と違い、購入出来るショップは限定されますが、ウェビックさんとはそういった考え方を私の思う以上に理解して頂けたのでレース用マフラーの取り扱いをお願いした次第です。

話が難しくなり過ぎてもアレなのでここで止めるとして(笑)、またマフラーの詳細情報等も更新していきますので宜しくお願い致します。

それでは今日はこの辺りで。
-WR'S-サウンド
プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
ダブルアールズ製品のマフラーやカーボンパーツなど
開発状況や各パーツの担当者のコメントなどを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR