新型CBR250RRやGSX250R等々、続々と新車ラッシュが続きそうですが。。。

2017GSX250R (2)

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。
今日は休日出勤。。。というか、昨日急な所用があって休んだので振り替え出勤とでもいいましょうか、単純に遅れた分を取り返す為の出勤です、はい。

冒頭のGSX250Rですが発売日が正式に決まりましたが、このMotoGPカラーではなく、オーソドックスな方のスズキカラーが発売予定みたいで個人的には残念な感じですね。。。
「限定カラー」として採用したい意図も見えますけどね。。。(笑)
今や、スズキカラーといえばコチラでしょう、スズキさん!(笑)

見た目はレーサーレプリカ系ですが、エンジンスペックや価格帯等、東南アジアで流行のAP250、そして日本のJP250なんかは一切気にせず、ある意味アッパレと思えるほど独自路線を進んでいますが、発表当社は個人的にも落胆はしましたが、今は素直にこれでいいのではないかなと、思ったりしています。

ヤン○マ○ンさんが、いかにも低速コーナーを必要とするサーキットでNinja250と比較してGSX250R「驚速」みたいな記事を演出していましたが、GSX250Rを買うユーザーにとって、こんな比較意味があるのかな?とも読んでて思いましたね。

GSR250に乗ったことありますけど、街中では驚くほどスムーズでどこからでもアクセルに反応してくれるし、ビギナーユーザーにも安心して速く(飛ばすという意味ではないです)、快適に乗れるバイクでした。

そのGSR250よりかなり軽量化されるGSX250Rは更に快適で取り回しも良く進化するというのは間違いないですし、誌面ではそういうリアルな進化を紹介して欲しいと個人的には思いましたね。

私の様な「レース全盛期」時代に育った世代なのか、ここ最近、「馬力」に目覚めた担当者さんなのかは分らないですけど、バイクの魅力を伝える手法が一辺倒にならない事を願いたいですね。
まぁ、個人的にはレース世代なので記事自体は面白いですが。。。(ってどっちやねん。。。ですが 笑)

WRS CBR250RR  a  スリップオン (1)

まぁ結局、この新型CBR250RRのパワーが他ライバル車より突出してる事もあり、どの雑誌も「250ccパワー競争」的な捉え方になっているのも事実なんですよね。

誌面でもよくグラフが登場したりしますが、読まれてる読者さん達は殆どグラフが乱立していて誤解をされている人が多いと思うのですが、私達の使うのは『シャーシダイナモ(いわゆるベンチテスト)』のグラフで、誌面ではノーマル同士の対比やマフラー変更の比較として出しているグラフは、その殆どがベンチテストのグラフでなく、車両に積んでいる『データロガーデータ』なんですよね。

データロガーデータをパソコンに落として描くデータは、一見パワーグラフっぽいデータを描き、加速チェック等にロガーデータを使用すると、まるでベンチテストのパワーグラフの様に出るので、一般の方は勘違いされる事が多く、またグラフ上の差が明確に出るので誌面で扱う際に、インパクトがあるので使いたくなるのでしょうが、結構それを鵜呑みにしてしまう読者の方も見受けられますね。

まぁ、読者の方々は記事を読まれても面白半分の興味本位で読む様にして新型に勝った負けたと一喜一憂しない様に楽しんで読まれたらと思いますね。私達から見れば半分は子供騙しみたいなトコもありますし。。。

WRS CBR250RR  a  スリップオン (8)

逆に子供騙しなグラフにならないのがシャーシダイナモデータで、注目度の高いこのCBR250RRに関して、「スリップオンの場合、何馬力上がりますか?」「フルエキで40馬力超えますか?」等々、電話やメールでお問い合わせを頂いたりしていますが、その答えは「ノーマルをベンチテスで回していないので今のところ分りません(笑)」とお答えさせて頂いています(笑)

申し訳ないですが、正直言ってベンチテストしてみないと分らないんですよね。

中には「某社のスリップオンが1.2ps上がっていますが、WR'Sさんはどうですか?」等、熱心なお客様から具体的な数字を聞かれたりしますが、『お客さん、新型出たら買われるんですか?』との私の問いに「いや、今のところ車両価格が高そうなので買わない方向です!」とキッパリ(笑)

まぁ、何というか。。。(笑)
弊社はシャーシダイナモを使って商品化してるので、音量的な制限もありますが、出せるだけ出したいとは思っているんですよ。
でも、こればかりはやってみないと分らないんです、私も!(笑)

他社さんが既にパワーを出されているのは素晴しい事ですね。
他社に出来るならおそらく弊社も普通に出るとは思いますが、どんなシチュエーション、例えばレース用なのか一般公道用なのかも含めて、「何の為、何を目標にして出た数値」なのかは知る由も無く、また知りたいとも思わない...もう少し言えば全然他社さんのデータになんか興味無いんですよね。。。(笑)

弊社なりの視点でアプローチし、その中で最善を目指す事で結果が出てくる訳で、その結果もしかしたら他社さんよりいっぱいパワーが出たり、出なかったりするのですが(笑)、ノーマルとの対比はするものの、他社さんとの対比は弊社に限らず皆さんしないと思いますよ!(笑)何故ならお互いにどんなアプローチでマフラーを開発されているか分りませんからね。

まぁ、それぞれの熱心なお問い合わせは弊社へのエールとして受け止めさせて頂いていますので、まぁしばらくじっくりと様子を見ていて下さいよ。
いざ開発が本格化したら、徹底的にやりますから!

WRS CBR250RR  a  スリップオン (7)

今の時代、雑誌でガチンコパワーチェック大会なんかはきっと開催されないと思いますが、ダブルアールズとしてのアプローチでマフラーを開発し、そんな企画があれば喜んで参加出来るマフラーを造りたいと思います。

それでは仕事に戻ります。

今日はこの辺りで。
スポンサーサイト

今年も残すところ。。。

2017GSX250R (1)

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。
「カテゴリー」に今更ながら「雑談」というカテゴリーを追加しました。
基本的には全て雑談とも言えますが(笑)、それまでの「ダブルアールズからのお知らせ」よりは違和感が無いかなと。。。

またサーバーの移行上の不具合が発生してここ数日間、何故か最近更新したトップページが消えて前のトップページ画面に戻っていたみたいでアメブロ用のアイコンが無くなっており、アメブロをお読みの同業の方々から、ご連絡を頂いて気が付いた次第で、復旧するのに数日費やしてしまいました。。。(原因不明のままですが。)

どおりで急激にアクセス数が減った訳ですが(笑)、おかげ様で現在は平常時に戻りました。
「何かあったんですか?」、「何でアメブロ辞めたんですか?」とのご連絡もありましたが、ブックマークされていない方も多いので
余計なご心配をおかけして申し訳ございませんでした。

あちらはほぼ雑談ですが、適当に更新していますので、宜しければまたご拝読頂けたらと思っております。


さてさて。。。とりあえず見えている限りの業界忘年会は先週中に全て終了しました。。。

毎年の事とはいえ、今年は歳のせいかかなり身体に負担がかかった気がします。。。(笑)

先週金曜日は相馬利胤選手率いる「TT45(チーム胤)」の忘年会があったのですが、業界懇親会さながらのメンバーで、関西を代表するメーカーの方々が勢揃いみたいな忘年会でした。。。(笑)
大御所のカウル屋さん2社、削り屋さん3社、日本一のスタンド屋さんにマフラー屋さん4社(笑)、その他レーシングショップさん数社等々。。。(笑)

元々、新・忘年会に関わらずJMCAの仕事も含めて立場上、かなりの数の同業の方と席を共にする機会が多いのですが、正直、年内は同業の顔を見たくない位です、はい(笑)

私自身が主宰で人を集める事も多いのですが、来年は。。。減らしたい方向です。。。(笑)
まぁ、好きな仲間。。。例えば豊中BOSSとか(笑)を中心に仕事で切磋琢磨できる少人数制の飲み会がポジティブでいいですね。
。。。って、結局は。。。ですけど(笑)

さてさてそんな忘年会の中で上がった話ですが。。。

冒頭写真のGSX250Rがどうやら来春にデビューする事が決まったみたいですね、ほぼこのままで。

実はそんな話は既定路線で既に耳にはしていましたが、個人的に「いやいや、GSX250Rではなく『GSX-R』で出てきて欲しい」との願望から、情報に耳を塞いでいましたが(笑)、正式決定な感じです。。。あっ、念の為メーカーからの発表を待って下さいね!


2017GSX250R (2)
フォルム的には個人的に好みですが、今流行のJP250には出れない車両(スペック的に)になりますが、GSR250の特性を踏襲したモデルみたいなので、幅広いユーザーに受け入れられるバイクとなりそうですね。

それと同時にこちら。
V-Strom(ブイストローム)250

V-Strom250(ブイストローム)もリリースされるみたいですが、この車両に関してもGSR250エンジンがベースで、もはや「V-Strom」の『V』が何を示すのか良く分りませんが(笑)、このビジュアルなら乗り易さも相まってユーザーに受け入れられるんではないかな?と思いますね。

ちなみにGSX-R250は。。。 諦めずに後1,2年待ちましょうか(笑)

このGSX250R、詳しい情報を集めて、具体的な事が見えたら迅速に対応したいと思います。

年内の仕事は終わらせたので、時間を見てあいさつ回りに出ようかな、と考えています。

それでは今日はこの辺りで。
-WR'S-サウンド
プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
ダブルアールズ製品のマフラーやカーボンパーツなど
開発状況や各パーツの担当者のコメントなどを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR