YZF-R125 マフラーに関してのお知らせ

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

いよいよ来週金曜日に発売開始となりますが、昨日はこのマフラーの取り扱い説明書の校正をしていました。

フルエキゾーストに交換する際、新品のガスケットをご用意頂くのが通常です。
しかしながら今回は、あえて新品ガスケットをご用意下さいと書いておりません。

取扱説明書の本文でも書きましたが、R125に使用されているガスケットの質がかなり良く、そのまま使用しても問題無しと判断したからです。

開発時に何度も何度もマフラーの交換をして、テストを繰り返していましたが,特別ヘタる感じも無く、もちろん排気漏れを起こす訳でも無く、しっかり機能してくれています。

そもそも私達マフラー屋さんは、古くなったガスケットをそのまま使用しても排気漏れを起こす様な取り付け方をする事がまずありません。
ちょっとガスケットがヘタってるなぁと感じたら、ガスケットを裏返しにして使用するか、ほんのちょっとだけ液体ガスケットを薄く塗って締め込む事で100%排気漏れを起こさせません。

何故、ガスケットを裏返しにするかというと、マフラーを取り外した際、純正マフラーとガスケットの当たり面で段差が出来ている事がある為、ガスケットのシール機能が果たせない恐れがあるからで、裏返して綺麗な面でマフラーを締め込む事でシール機能を保てるからです。

ざっくりとお話すると、ガスケットの役目は締め付けトルクをかけた際、潰れる事によってシール機能を果たす為に、基本的には新品交換が望ましいとされていますが、R125に関して言えば、品質のいいガスケットが使用されているので、マフラーの当たり面が極端に変形や潰れる事がなく、そのまま使用頂けると判断しました。

使える物は再利用!これもエコです(笑)。

(もちろん、新品をご用意頂いた場合にはそれを使って頂ければいいかと思います。)

既にご注文を頂き、商品の発売を心待ちにされているお客様にも参考にして頂けたらと思っています。

次にマフラー重量のデータをお知らせします。

・ ステンレス/ステンレス       品番 LA2210JM  2.76kg
・ ステンレス/チタン          品番 LT2210JM  2.63kg
・ ステンレス/チタン(焼き色)     品番 LS2210JM  2.63kg
・ ステンレス/カーボン         品番 SC2210JM  2.49kg
・ ステンレス/SUSメガホン       品番 LM2210JM  2.82kg

※ ノーマルのマフラー重量は6.1kg位です。

排気効率と浄化性能を優先する為に大きめの触媒を装着していますが、どのタイプもノーマルの半分以下に抑えられています。

純正マフラーもステップ下にマフラーがあり、マスの集中化という事でいえば重量配分的に大きな違いはないのですが、やはり半分の重量になるって事で取り回しや走行時に素軽さを体感頂けるのではないでしょうか!

ご購入頂いた皆様に、パワー感や乗り味の変化を感じて頂けたとしたら開発者として大変嬉しく思います。



DSCN2078.jpg
スポンサーサイト

YZF-R125マフラー 発売日決定しました!

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

YZF-R125用フルエキゾーストですが、発売日が決定致しました。

6/15(金)よりご予約を戴いたお客様から順に出荷を開始致します。

製作の方は順調に進んいるのですが、SUSメガホンタイプは材料入荷の関係で若干、遅れる可能性もございます。

ブログに貼り付けているそれぞれの動画から、音質の差が判りにくいとのお声も頂いていますが、個人的にはシングル特有のパルス感を感じるちょっとワイルドな音質のSUSメガホンに対して、マイルドかつ低音を強調した音質でSUSメガホンより少しおとなし目がラウンドタイプといった所でしょうか。

カスタムピープル、アンダー400、カワサキバイクマガジンでお馴染みの㈱クレタさんトコの桜井さん曰く、ラウンドタイプは排気量の割に低音を効かせた心地いい音との評価を頂きました。

動画の画像が暗く、サイレンサーを見分ける事もままならない感じなので外装パーツが整い次第、明るい屋外でパーツを紹介しながらニュートラルでの状態で空吹かしでの音質を聞いて頂ける様、撮影してみるつもりです。

流石に公道でベンチテストみたいに全開シーンの撮影は出来ませんが、音質を聞き比べて頂く事は出来るかと思います。


ちなみに昨日、フェンダーレスKIT(プロトタイプのままですが)を装着した状態でのカーボンサーレンサー仕様とチタンサイレンサー仕様の写真を撮りましたので何枚かUP致します。

まずカーボンサイレンサー仕様です。

DSCN2288.jpg

DSCN2284.jpg

DSCN2270.jpg


続いてチタンサイレンサー仕様です。

DSCN2223.jpg

DSCN2241.jpg

DSCN2238.jpg

画像でチタンやステンレスの質感の差を感じて頂くのは私の撮影技量では難しいですね...

ホームページの製品ページではなるべく大きな画像を沢山UPしておきたいと思います。

また近く更新する予定ですが、ホームページの製品ページ内にある【開発者の「長」コメント】では、ブログでは書かなかった部分についても書くつもりです。

興味のある方はそちらの方も覗いてみて下さい。


来週月曜日は、プレストさん車両型式の排ガス試験でお世話になったMAC-MRD大内社長へのお返しに、今度は私が㈱はとやさん車両型式にて排ガス試験を受ける為に大阪の車両検査協会にMAC-MRD製フルエキゾーストを持ち込む予定です。
ちなみにこの日はSP忠男さんトコのマフラーも私が代わりに受験してくる予定です。

MAC-MRDさん、SP忠男さん、そしてWR'Sと「新規制対応のJMCA」YZF-R125用フルエキゾーストが近くラインナップされる事は、YZF-R125ユーザーにとって、とても素晴らしい事だと思います。

安心して公道で装着出来るマフラーは、現時点でこの3社だけです。
切磋琢磨して頑張って行きたいと思います。

※ 海外製マフラーは規制に対応していないので、レース用はもちろんの事、使用してると違反になりますのでご注意を!(平成22年4月~の車両はマフラーに新規制対応のJMCAプレートが無いマフラーは基本的に全部違反になりますよ!)

それでは、マブ達のMAC-MRD大内社長!SP忠男の番頭さんで、「お~ちゃん」こと大泉さん、私のせいで試験に落ちたりしない様、しっかり受験して来ます!(笑)





YZF-R125 - カスタムパーツ マフラー編 -

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

本日、取材ではなかったのですが、公私ともに仲良くしている㈱クレタの桜井さんが来社したのでYZF-R125を見ていってもらいました。

DSCN2073.jpg
(桜井さん、ご苦労様!)

カーボンの色調を上手く撮れる様にアドバイスして頂き、早速トライです。

写真を見るとどれだけ上達したかは若干(?)マークですが、綾織りカーボンの目が一応確認出来る写真は撮れました。

DSCN2105.jpg
サイドカウルと...

DSCN2106.jpg
アッパーインナーカウルです。

前にも書きましたが、サイドカウルのR125ステッカー(非売品)は、サイドカウルを購入時にサービスで付属していますので、お好きな場所に貼って頂けたらと思います。

今回はマフラー編という事で、あらためて単体写真を含めてカスタムパーツ外装編で紹介したいと思いますので宜しくお願いします。

さて本題のマフラーですが、グラデーションタイプのサイレンサーとステンレスサイレンサーの装着写真を撮りました。
まず、チタングラデーションサイレンサーから

DSCN2092.jpg
DSCN2085.jpg
DSCN2096.jpg

次にステンレスサイレンサーです。

DSCN2138.jpg
DSCN2143.jpg

それから撮り直したSUSメガホンサイレンサー

DSCN2178.jpg
DSCN2174.jpg

ついでにカーボンサイレンサー

ステンレス・カーボン R125 (1)
カーボンサイレンサーの写真はフェンダーレスを装着していない時の写真なので、何かリヤ廻りが重いですね...


予想以上にサイレンサー個々の個性が出てる感じでどのタイプもいい雰囲気があります。

既にマフラーは量産を開始していますが、JMCA認定プレートの納期等の事情により、早くとも6/15以降のリリースとなります。
ありがたい事に数本程度、ご予約を頂いていますが、来週早々にバイクパーツ販売店及び取扱商社様にリリースの案内をしますので、その時に正式な発売日をお知らせしたいと思います。

それでは宜しくお願い致します。

YZF-R125 マフラー開発が無事終了しました!

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

試験
先程、MAC-MRD大内社長からお電話があり、弊社のマフラー及びMAC-MRD大内社長トコのマフラーのプレスト車両型式での排ガス試験がそれぞれ無事合格したとのご連絡を頂きました!

大内社長!! 今回は直々に試験に出向いて頂きありがとうございました!

おかげ様で弊社のYZF-R125用フルエキゾーストマフラーの試験は全て終了致しました。

量産に向けてピッチを上げて行きたいと思います。

順調に行けば今週末にフェンダーレスKIT等の装着写真をブログでUPしていく予定ですのでYZF-R125情報に関しては今後も引き続き宜しくお願い致します。

YZF-R125 マフラー  - カスタムパーツ - 

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

YZF-R125のフルエキゾーストの価格及び品番が正式に決まりましたのでお知らせ致します。

ラウンドタイプ(サイレンサー真円タイプ)
ステンレス・カーボン R125 (3)

・ ステンレス/ステンレス     品番 LA2210JM 定価 52,000円(税込54,600円)
・ ステンレス/チタン       品番 LT2210JM 定価 59,000円(税込61,950円)
・ ステンレス/カーボン      品番 SC2210JM 定価 62,000円(税込65,100円)
・ ステンレス/チタン(焼き色付) 品番 LS2210JM 定価 62,000円(税込65,100円)

4/10のブログでお知らせしていたチタンの焼き色タイプのサイレンサー(前後のフランジを仮装着したイメージサンプル)ですが、こんな感じです。

YZF-R125用

画像からも判ると思いますが、車体の取り付け位置や車体のデザイン、雰囲気を考慮して少し斜めの角度を付けてグラデーション(陽極酸化)を施しています。

現在、MAC-MRD大内社長のトコにプレスト車両での排ガス試験を行う為にマフラーがお出かけしていますので、試験合格後(必ず合格します!)に弊社車両に装着して写真を撮りたいと思っています。
ですので、装着画像は今しばらくお待ち下さいませ。

次にSUSメガホンフルエキゾーストの価格・品番です。
ステンレス・SUSメガホン (2)

・ ステンレス/SUSメガホン   品番 LM2210JM 定価 63,500円(税込66,675円)


という事で、2種類のマフラーで計5タイプのバリエーションの製品をリリース致します。
車両販売台数に対して少々やり過ぎ感がありますが、平成22年度からの新規制対応品が少ない事もあり、私の一存で頑張らせて頂きました。
それなりに売れてくれないと今後の開発にも影響しますので、YZF-R125ユーザーの皆様、宜しくお願い致します(笑)

というのはモチロン冗談です(笑)
弊社に限らず、お気に入りの製品を見つけ、安全・安心なR125のカスタムライフにして頂けたらと思います!

補足ですが、このマフラーは㈱はとやさん等で直接輸入されているYZF-R125やプレストさん経由でYSPショップさん等で売られているYZF-R125の車両型式全てに対応する「新規制対応商品」です。

海外製品や国内でもJMCA以外の商品は、車検が無いとはいえ、すべて違法になってしまいますので、マフラーを選ぶ際は使用目的に合わせて吟味して頂きたいと思います。

発売時期ですが、6月11日~出荷開始という事で準備を進めていますが、正式決定ではございません。

JMCA認定プレートの納入日など、具体的な事が判り次第、ブログでご連絡させて頂きますので宜しくお願いします。


PS: 業務連絡ですが外装担当の徳ちゃん、私が名古屋の出張から戻り次第、外装関係のブログが書ける様に準備しておいて下さい!(笑)

-WR'S-サウンド
プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
ダブルアールズ製品のマフラーやカーボンパーツなど
開発状況や各パーツの担当者のコメントなどを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR