2014CBR250R/CB250F スリップオンマフラー重量

CB250F  OV1210JM (28)

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

今月1日に発売以来、好調な滑り出しを見せており、開発者として大変ありがたく、感謝の気持ちで一杯です。

発売時期が二転三転し、リリースのタイミングも大幅にずれ込む等、今回のリリースにあたっては私の不味い対応で、お客様並びに販売店様には大変ご迷惑をおかけしましたが、予想に反して順調な滑り出しで内心ホッとしております。

今年は何かと忙しくバタバタした1年で、人数の少ない弊社の場合、新製品リリースにも大きく影響してしまった事を本当に悔やみますね…

「WR'Sさんの発売を待ってました!」とありがたい言葉を聞く度に、12月リリースではなく、7月頃にリリース出来てたらもっと。。。とも考えたりしない訳でもないのですが(笑)、とりあえずは順調な滑り出しに感謝です。

さて話は変わりますが、表題のスリッププオンマフラー重量に関するお知らせです。

お問い合わせを頂いて気が付いたのですが、ブログでお知らせ出来ていなかった様で申し訳ございませんでした。

ノーマルサイレンサー約5.8kgに対して下記の様になっています。

【ラウンドタイプ】

・ステンレスサイレンサー仕様           約2.4kg
・チタンサイレンサー仕様(焼き色含む)     約2.2kg
・カーボンサイレンサー仕様            約2.1kg

【オーバルタイプ】

・チタンオーバルサイレンサー(焼き色含む)  約2.3kg     

となっています。 ※ それぞれサイレンサーバンド重量も含みます。

ノーマルマフラーが5.8kgなのでステンレスサイレンサー仕様でも60%以上の軽量化、カーボンサイレンサー仕様なら約2/3弱位の軽量化となりますね。

こうやってみると、柄の美しさで人気のカーボンはやはり軽量化にも大きく貢献してくれてますね。
皆さん、カーボンサイレンサーを持たれて軽さに驚かれるのがよく分かりますね(笑)

この2014CBR250R/CB250F用サイレンサーの内部構造は弊社でも1,2を争う位、時間とコストをかけて開発しましたが、他の車種より凝った構造になった分、重量に影響するのでは?と考えていましたが、触媒も内蔵しているスリップオンにしては軽量に仕上げられたので満足しています。

ちなみに今のところラウンドとオーバルのタイプ別での売れ行きはというと、細かくは公表出来ませんが弊社のYouTube動画の視聴回数と同じ位の割合になっていますね。

視聴回数と売り上げ傾向がよく似てるのは興味深いですね。
今後もどうなっていくのか売れ行きの推移と合わせて見守って行きたいと思います。

それでは今日はこの辺で。

CBR250R BC1210JM (2)
スポンサーサイト

2014 CBR250R 用スリップオンマフラー 動画をUPしました。

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

お待たせしました!
本日、YouTube に2014CBR250R用スリップオンマフラーの動画をUPしましたのでお知らせします。

今回はラウンドタイプ、チタンオーバルタイプのどちらも動画をUPしておりますので、音質やエンジンフィーリングの差などを比較して頂けたらと思います。

CBR250R BK1210JM (1)

2014CBR250R ラウンドタイプ


CBR250R SV1210JM (1)

2014CBR250R チタンオーバルタイプ

どうでしょう?
音質やフィーリングの差を少しでも感じて頂けたら嬉しいのですが。。。

毎回書きますが再生する環境によっては音質の聞こえ方がかなり違う場合があると思いますが、あくまでも参考程度という事で宜しくお願いします。

またようやくホームページの製品ページもUPしておりますので、合わせてよろしくお願い致します。

それでは宜しくお願い致します。

2014CBR250R/CB250F用スリップオン 今日から出荷開始です。。。けど。。。

CBR250R SV1210JM (2)

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

ご注文頂いていた皆様、長らくお待たせしましたが、いよいよ本日から出荷開始となります。(本当にありがとうございます。)

実は昨日もPCと格闘しておりましたが。。。 先週からホームページを更新するのにサーバー上の何かがおかしくて更新出来ないトラブルに見舞われており、事もあろうか発売開始日の今日に至ってもホームページの製品ページにUP出来ておりません。。。

おそらく今日、明日中には製品ページにUP出来る見込みですのでご迷惑をおかけしますが何卒宜しくお願い申し上げます。

それにも関わらず、本日は朝一番の電話から2014CBR250R/CB250Fの在庫確認等が多く、大変ありがたく思います。

当初の発売予定日から急な仕様変更等で急遽JMCA加速試験を再度受けに行かなければならなくなったりと、予定外の時間や労力がかかってしまいましたが、マフラー開発に協力頂いたI様のおかげもあり、商品的にはかなり良い仕上がりになったと思います。

今回のスリップオンは前モデルから触媒位置を変更、更なる適正位置を見極める事で排ガスの浄化はもちろんの事、アクセルフィーリング・レスポンスを最適化する事にも貢献してくれています。

そしてパワー感やアクセルを開けた時の音質改善の為、サイレンサーの内部構造は前モデル用の構造とは全く異なるタイプのストレート構造を採用しております。

正直って、スリップオン開発でここまでするか?という位に内部構造の開発に時間をかけましたよ!(笑)
(元々弊社の場合、内部構造は基本的に汎用でなく専用設計ですが、今回は持っているノウハウを注ぎ込みました)

サイレンサー プトトタイプ
※ もちろんこの3本だけではないのですが(笑)。。。外見は一緒でも内部構造が全く異なる仕様です。

ラウンド(真円)サイレンサーはシングル独特の尖った音質をマイルドに仕上げ、心地よいシングルサウンドを楽しんで頂けると思いますし、チタンオーバルは歯切れの良いシングル独特のパルス感をしっかり感じて頂ける仕様となっています。

まぁ、これはあくまで音質面で音量自体はラウンドが88db、オーバルが89dbとしっかり余裕を持ってクリアしつつ存分に楽しんで頂ける音質となっています。

ところで先日、シャーシダイナモ上で撮った動画ですが、こちらもUPが遅れておりますが、明日にはYouTubeにUP出来ると思います。(こちらもホームページ更新余波で遅れてすみません)

UP出来次第、ブログにもリンクを貼ってお知らせさせて頂きますので宜しくお願い致します。

ちなみにこのブログを書いている間にも数件、在庫確認&お問い合わせがありました(感謝!)
先程のお電話は「マフラー開発された方とお話できますか?」と掛かって来ましたが、事務所に居る時は結構電話を取ってますので、何なりとお気軽に相談下さいね!(笑)


先にも書きましたが、当初の予定から発売時期の延期もありWEB販売店さんの掲載も遅れてる模様で、販売店並びにお客様には大変ご迷惑をおかけしてすみません。

毎回、いち早く商品の掲載をして頂いている「ゼロカスタム」さんでは今回も既に製品ページの掲載をして頂けていますので、ご購入を考えている方は、セールもされているみたいなので一度チェックしてみて下さいませ。

2014CBR250R スリップオン

CB250F スリップオン

造り直した事でJMCA試験を2度受けた分、経費は倍かかっていますがその分、前モデル用スリップオン同様、爆発的な…(無理かな 笑)、ご注文をお待ち申し上げております。

それでは今日はこの辺で。

CB250F  BT1210JM (11)

新型CBR250R/CB250F用スリップオンマフラーの発売日に関してのお知らせ

CB250F  BF1210JM (40)

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

バタバタと過ごしてる間に気が付けばもうすぐ12月ですね…。
今週は水曜日にいつもお世話になっている㈱デイトナさんのテストコースにてJMCA認証試験があり、加速試験及びアイドリングモード試験を受けに行く予定です。
今回、弊社は新型CBR250R/CB250Fの加速/アイドリングモード試験です。

新型CBR250Rに関してはあれからも開発作業を継続しており、既に認証試験を合格していた仕様と若干ですが異なる構造となった為に再試験というか、改めて試験を受験する事になりました。

JMCAの認証試験は公的な試験になりますので、仕様が異なる度に試験が必要になるんですよね。(結構大変なんです… 汗)

ちなみに見た目(マフラーレイアウト)は変わりません。(内部構造のみ変更です)

試験に関しては全く問題ないと思いますが、それに伴い発売時期に若干の変更がございます。

当初、11月中旬予定でしたが、上記の様な理由にり、発売時期が12月1日よりリリースとなりますので宜しくお願い致します。
お待ちしてるお客様には本当に申し訳ございませんが、リリース後のアップデートは出来ない事もあり、申し訳ないのですが、もう2週間だけお時間を下さいませ。

ちなみにリリース日前に出荷体制が整った場合、ご予約順に出荷開始する予定となっていますので一日でも早く出荷が出来る様に頑張りたいと思いますので、宜しくお願い致します。

それでは宜しくお願い致します。

CBR250R SV1210JM (2)
CBR250R BC1210JM (1)
CB250F  BK1210JM (31)
CB250F BC1210JM (13)


2014 CBR250R 用スリップオンマフラー 品番・価格決定しました。

SV1210JM (34)

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

めっきり寒くなってきましたね。
あっという間に残り2ヶ月余りとなりましたが、何かを成し遂げたという事無く、やり残した事だらけで1年が終わりそうな、そんな毎年を過ごしている気がしますが。。。(笑)

残すところあと2ヶ月余りで、来月末にデビューするヤマハR25、現在開発中の125DUKE、そして既に開発が終了し、JMCA加速走行試験を再受験する690DUKEと、この3機種は2014 CBR250R用スリップオン、2014 Ninja400用フルエキと合わせて年内リリースに持って行きたいと考えているのですが果たしてどうなるでしょうか?(頑張るのみですけどね)

さてそんな中、11月中旬に発売開始予定の2014 CBR250R用スリップオンマフラーの品番及び価格が正式決定しましたので、全国のバイクパーツ販売店さんや取り扱い商社様より一足早くお伝えさせて頂きます。

まずはラウンドタイプから ※価格は全て税抜き価格です。

・ ステンレス/ステンレスサイレンサー  品番 BF1210JM  価格 38,000円

CBR250R BF1210JM (1)

CBR250R BF1210JM (2)

CBR250R BF1210JM (3)


・ ステンレス/チタン(ソリッド)サイレンサー  品番 BT1210JM  価格 46,000円

CBR250R BT1210JM (1)

CBR250R BT1210JM (2)

CBR250R BT1210JM (3)

・ ステンレス/カーボンサイレンサー  品番 BC1210JM  価格 48,000円

CBR250R BC1210JM (1)

CBR250R BC1210JM (2)

CBR250R BC1210JM (3)

・ ステンレス/チタン(焼き色)サイレンサー  品番 BK1210JM  価格49,000円

CBR250R BK1210JM (1)

CBR250R BK1210JM (3)

CBR250R BK1210JM (2)


次にオーバルタイプです。

・ ステンレス/チタンオーバルサイレンサー(ソリッド)  品番 OV1210JM  価格 53,000円

CBR250R OV1210JM (1)

CBR250R OV1210JM (3)

CBR250R OV1210JM (2)

・ ステンレス/チタンオーバルサイレンサー(焼き色) 品番 SV1210JM  価格57,000円

CBR250R SV1210JM (1)

CBR250R SV1210JM (2)

 CBR250R SV1210JM (3)

となっておりますの宜しくお願い致します。

この商品は、スリップオンマフラー取り付け時に必要なジョイントガスケットが付属されていますので、マフラーをご購入時に新たに用意して頂く必要はございません。

ご自分で装着した時の目安時間は、ノーマルマフラー取り外しから取り付けまで約30分~1時間程度だと思います。
マフラー交換に慣れている方や、私達の場合は、5~10分程度で取り付けが完了します。

サイレンサーの固定する時のボルト・ナットはノーマルマフラーを固定していたボルト・ナットを流用、またジョイント部のマフラークランプもノーマルを流用しますので、必要な工具は12mmのスパナもしくはメガネレンチを(計2本)、スプリングを引っ掛ける際に必要なスプリングフック位でしょうか。(液体ガスケットや乾拭き用ウエス、軍手、トレイ等があれば便利です)

車載工具でも出来る範囲ではありますが、出来ればしっかりとした工具を用意された方が今後にも便利です。
モンキーレンチは便利そうですが、大きさによっては取り付ける際に車体やマフラーの傷や凹みの原因となりますので、おすすめ出来ません。

あと、最近よくお問い合わせ頂くのですが、前モデル用スリップオンとこのスリップオンマフラーは仕様が全く違います。

弊社の場合、2014 CBR250Rに前モデル用スリップオンマフラーは装着不可になりますので宜しくお願いします。

厳密にいうと、ステー等を用いて装着は出来る事は出来ますが、ブログを読んで頂ければ分かる通り、前モデルと新モデルとではエンジンの性格が全く違う為、専用設計となっていますのでご注意下さいませ。

さて今のところ、圧倒的に焼き色タイプのチタンオーバルサイレンサー仕様に関しての問い合わせが多いですね。
ラウンドタイプではカーボン!

やはり弊社はカーボンの人気が高いみたいです。

写真を撮った日、バイクをお借りしていたI様とも話をしていたのですが、ステンレスサイレンサーの雰囲気もかなり良かったですよ!

是非、6タイプの中からお好みに合わせて選んで頂ければと考えています。

それでは発売開始まで今しばらくお待ち下さいませ。

それでは今日はこの辺で!
-WR'S-サウンド
プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
ダブルアールズ製品のマフラーやカーボンパーツなど
開発状況や各パーツの担当者のコメントなどを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR