旧GROM用 ダウンタイプフルエキゾースト 発売日決定しました。

LM1140JM (25)

大変長らくお待たせしました。

諸事情というか、いろんな事が複雑に絡まって年明け早々のリリースが叶わず、ようやく発売日が決定しました。
お問い合わせも多く、皆様には大変ご迷惑をおかけしましたが、下記の通りとなりますので宜しくお願い致します。

【 発売開始日 】   4月5日(水)~

【 異型チタンオーバルサイレンサー 】    音量 近接 : 85dB   加速 : 74dB


・ チタンオーバル(焼き色タイプ)   品番  LM1140JM  価格  58,000円(税込み62,640円)

LM1140JM (42)
LM1140JM (11)
LM1140JM (47)


・ チタンオーバル(ソリッドタイプ)  品番 LV1140JM  価格 55,000円(税込み59400円)

LV1140JM (7)
LV1140JM (22)
LV1140JM (45)

となっています。

ノーマルvsダウン チタンオーバル
パワーグラフとしてはこんな感じです。
※ノーマル(黒線)は7,000rpm以降はパワーが上がっていない事もあって意図的に8,000rpmで終わっています。(念の為)

ノーマルに比べて低速域でかなりパワーが上がっている特性なので街中ではかなり扱いやすく快適に走れると思います。

またスタイル的にも専用のアルミパイプステーを採用した事により、新型GROMのダウンタイプより少しUPな感じになっていますので、よりカスタムテイストが濃い印象になると思います。

アルミステー LM1140JM (47)

アルミパイプステーは曲げアールを大きくする事で単調なデザインを排除、アップタイプのノーマルマフラーを外した空間の間延び感を払拭し、カスタマイズされた車両にもより引き立たせてくれるアイテムになった気がしますね。

因みにどの(他社の)マフラーに装着するつもりなのか知りませんが、アルミパイプステーのみの問い合わせも多くありますが、商品のリリース後、リペアパーツとして単体発売もしますので、お問い合わせ頂いた皆様、今しばらくお待ち下さいね。

本当にリリースが遅れて申し訳ございませんでした。
初期ロットには非売品の粗品も同梱させて頂きますので、お買い上げの際は楽しみにしていて下さいね。

それでは皆様、宜しくお願い致します。

LV1140JM (38)
スポンサーサイト

旧GROM 用 ダウンタイプマフラー 品番・価格が決定しました。

LM1140JM (47)

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

旧GROM 用 ダウンタイプマフラー (異型チタンオーバルフルエキゾースト)の品番及び価格が決定しましたので、色んなアングルの写真と合わせて取り急ぎお知らせさせて頂きます。

【 異型チタンオーバルサイレンサー 】    音量 近接 : 85dB   加速 : 74dB

・ チタンオーバル(ソリッドタイプ)  品番 LV1140JM  価格 55,000円(税込み59400円)

LV1140JM (7)
LV1140JM (2)
LV1140JM (22)
LV1140JM (45)
LV1140JM (38)

・ チタンオーバル(焼き色タイプ)   品番  LM1140JM  価格  58,000円(税込み62,640円)

LM1140JM (42)
LM1140JM (53)
LM1140JM (11)
LM1140JM (23)
LM1140JM (25)

と、こんな感じになっております。

発売開始時期については、2017年1月中旬~下旬を目標に進めているところです。

また詳細情報等は、年明けにあらためてお知らせしたいと思います、はい。

既に弊社のアップタイプを装着されている方にはおこがましくて言いにくいのですが、更にアップデートしたパワーフィールを体感して頂けたら嬉しく思いますね。

既に熱心な方々からリリースを待ち望むありがたいメールを頂いており、なるべく早くお応え出来る様に年明けから頑張りますので何卒、宜しくお願いします。

それでは今日はこの辺りで。

旧GROM 用 ダウンタイプマフラー 最終テストの結果です。

lm (2)

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

今年も残すところあと10日余り、弊社は28日までの営業となるので今年のお仕事は今日も含めて1週間となりました。
あらためてまたお知らせしますが、12/29~1/4 迄、年末年始休暇を頂く予定となっています。

さてさて旧GROM用ダウンタイプマフラーの最終テストが終了しました。
車両をお借りしていたレーシングワールド高槻店のNさんはじめ、何人かで実走テストとして検証した結果、残念な事にショートオーバルタイプのリリースを断念する方向となりました。
旧GROM LM1140JM (42)
このタイプです。。。非常に残念ですが。。。

ベンチテストでノーマルとの対比では及第点かとも思いましたが、実走テストでは思いの外フィーリングが悪く、高回転域での伸びももう一つな感じでビジュアル面では採用したかったのですが、検討した結果、リリースをしない事にしました。

旧GROM用には既にUPタイプのマフラーをリリースしており、このマフラーと比較すると明らかに性能面で劣っている部分が走らせてみた事で顕著に出たしまった事が、リリース中止の判断となりました。

正直、電気とマフラーの違いに合わせた燃調等々、新型と若干特性は違うものの、同じエンジンで同じマフラー比較としてこんなに違うのか?と長年開発をしていて久しぶりに少々驚いてはいます、はい(笑)
新型GROM マフラー開発 (2)
ちなみに赤線が新型GROMノーマルで、青線が旧型GROMノーマルです。
あくまでも弊社での比較ですので参考程度にして頂けたらと思いますが、マフラーの容量が大きい旧GROMの方が超低速域とピーク以降の高速域で良い感じのグラフとなっていますが、ショートオーバルタイプの場合、サイレンサー自体の容量もチタンオーバルに比べて小さい&サイレンサー長も短い事から、実走テストではそこら辺りが顕著化したのかな?とも考えていますが。。。正直理由はちょっと分りません(笑)

ただ前回ブログで載せたグラフから、もう少しパワーカーブを改善しようとしたならば、エキパイ部とセンターパイプを間違いなく伸ばす方向で進めて行くでしょうね。そんな感じのパワーカーブではありましたけどね。。。
ちなみにサイレンサー容量とサイレンサー長が長いチタンオーバルは、UPタイプの良い部分を継承しつつ、中速域のトルクも出ており、こちらは想像以上に良かった事もあり、ある意味、明暗が分かれて不思議な感じです。

旧GROM LM1140JM (41)
チタンオーバルタイプ。こちらは期待通りの実走テストとなりました。

しかしながら書いてる私も合点がいってる訳ではなく、念の為というか再確認という事で新型GROMをシャーシダイナモに載せてノーマルマフラー、ショートオーバルそしてチタンオーバルと、ベンチテストをしてみました。

GROM検証 (3)
まずはノーマルマフラーを取り付けてテストです。

GROM検証 (4)
続いてショートオーバルをテスト。既に取ったデータに間違いがないのは分っていますが、頭の中の整理の意味も含めて。。。(笑)

新型GROM rt  ノーマルvsショートオーバル  (1)
赤線がショートオーバルで黒線がノーマル。旧GROMの時とは違い、当然ながらいい感じです。
ちなみに今回はマフラー開発時よりノーマルに対して良いデータが出ましたね。

GROM検証 (1)
次にチタンオーバルでもテストです。

新型GROM rt  ノーマルvsチタンオーバル
赤線がチタンオーバルで黒線がノーマル。
こちらも当然ながら開発時同様、いいグラフ...というか、かなり良いグラフを描いています。

検証してみて更に何だか分らなくなりました。。。まぁ、日々勉強ですね。。。(笑)

私なりの見解として書きたい事は追々書いていくとして、今回の一番の目標は既に発売しているUPタイプのフルエキゾーストをアップデートする目的があった事もあり、結果としてショートオーバルタイプがそれを果たせなかったという事で、本当に残念なのですが、追加ラインナップとしてはチタンオーバルタイプのダウンタイプマフラーのみと決定致しました。

その代わりといっては何ですが、旧GROM用チタンオーバルダウンタイプマフラーは期待に応えてくれるマフラーとなっています。
また品番・価格は年内中にブログでお知らせさせて頂だく予定ですので何卒宜しくお願い致します。

それでは今日はこの辺りで

旧GROM LM1140JM (43)

旧GROM ダウンタイプフルエキゾースト

旧GROM ダウンタイプ (4)

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

めっきり寒くなって来ましたね。
今年も残すところあと半月少々。。。ここ最近、バタバタしていましたが私の仕事的には年内の仕事にほぼ目処が付き、順調にお正月を迎えられそうです。
まぁ、例年に無く今年の12月は少し動きが落ち着いている事も助けになっている感じで、ある意味微妙な感じではありますが(笑)

そんな余裕からか、今年は結構な数の忘年会にお呼ばれしていますが、体調を崩さない様に気を付けて残りの仕事をこなしたいと思います。

さて、少し予定より遅れましたがようやく旧GROMのベンチテストが終了致しました。
もうそろそろシャーシダイナモ用のPCを替えないといけないようで、ここ最近調子が悪く、ベンチテストが遅れておりました。
実は今日も一度、トラブルが発生しましたが。。。(笑)

まずは既にリリースしている旧GROM用アップタイプフルエキゾーストから検証してみました。
旧GROM ダウンタイプ (5)

で、ノーマルとの比較データがこちらです。
ノーマルVSアップタイプ チタンオーバル
黒線がノーマルで、赤線がアップタイプですが、ノーマル(黒線)はエンジンに負担を掛けない様にこれ以上馬力が上がる事のない8,000rpmで意図的に計測をしたグラフです。(8,000までしか回らない訳ではございませんです。)

このマフラーの特長ズバリ、高回転域の素晴しい伸びをみせてくれていますね。

次に同じチタンオーバルを使ったダウンタイプで計測開始です。
旧GROM ダウンタイプ (2)
マフラー寸法に関してはアップタイプより管長が短く、新型GROMとの相性もバッチリですが、旧GROMとの相性はどうでしょうか?
ちなみにアップタイプのチタンオーバルが全長330mmでダウンタイプのチタンオーバルは285mmを採用しています。

ノーマルvsダウン チタンオーバル
黒線がノーマルで、赤線がダウンタイプのチタンオーバルですが、旧GROMに装着してもなかなかのデータが計測されました。
点線で示すトルク曲線を見て分る様に、低速域のトルクがかなり向上しています。
データで比較する限り、信号待ちからのストップアンドゴーにもかなり有効に加速力を発揮してくれそうです。

ちなみにアップタイプとダウンタイプ(それぞれ同じチタンオーバル)のグラフを比較したものがこれです。

アップタイプvsダウンタイプ
赤線がダウンタイプで青線がアップタイプです。
よく雑誌に書かれてる様な例で話すと、本来管長の長いアップタイプの方が、低中速トルクが出そうなものですが、結果は見ての通り。因みにピークパワーは管長の長いアップタイプの方が出ていますが、ピークパワー発生回転は管長の短いダウンタイプの方が500rpmほど、後ろで発生しています。

面白いでしょ!(笑)
もちろんいろんな要因はあって、その事自体を私は把握して書いてはいますが、頭でっかちでは開発の仕事は出来ないという教科書みたいな結果となっていますね。

次に旧GROMではラインナップに無かったショートオーバルのダウンタイプでテストです。

旧GROM ダウンタイプ (1)

サイレンサー容量が更に小さくなるのでその結果に興味が沸きますが。。。
ノーマルvsショートオーバル (2)
黒線がノーマルで、赤線がショートオーバルですが、レスポンスや加速感はかなり良かったですが、チタンオーバルに比べると高回転域でパワーがもう一つ、伸びませんでしたがこれでも十分ノーマルを上回っており、十分に及第点を与えられる結果です。

シャーシダイナモ上の時間軸(加速)では6,500rpmまではこのマフラーが一番到達スピードが早かったです。
それを示すかの様に4,000rpm近辺のトルクはチタンオーバルを上回っています。

さてさてここまでは非常に順調というか、新型GROM用フルエキゾーストのフィッティングに関して全く問題の無い事が確認出来ましたが、あくまでもこれはシャーシダイナモ上の数値化されたデータの話。

このGROMに長年弊社のアップタイプマフラーを装着してくれているレーシングワールド高槻店のスタッフさんにちょっとの間、試乗・インプレをして頂き、商品化に向けての最終テストをしたいと考えています。

完成を心待ちにされている方々、今しばらくお待ちくださいね!

それでは今日はこの辺りで。

旧GROM ダウンタイプフルエキゾースト

旧GROM用ダウンタイプフルエキ (11)

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

めっきり寒くなって来ましたね。
それなりにバタバタと目の前の予定を順調に(?)こなしていっておりますが、今年も残すところあと20日ちょっと。。。
この時期は業界関係の忘年会も多く、誘い誘われてクリスマスイブまで忘年会で埋められています。。。(笑)

まぁ今年こそはゆっくりとお正月休みを取ろうと思っており、再来週までにしっかり仕事を終わらせたいと考えていますです、はい。

さて、旧GROM用のダウンタイプフルエキゾーストですが、あれこれと試行錯誤しながらようやくマフラーステーの試作が完成しました。

旧GROM用ダウンタイプフルエキ (11)
旧GROM用ダウンタイプフルエキ (12)
こんな感じのタイプと。。。

旧GROM用ダウンタイプフルエキ (9)
旧GROM用ダウンタイプフルエキ (10)
こんな感じのタイプの2種類です。

色々とステーを取る位置で悩み、ノーマルステップホルダーを流用する方法も考えたんですが、その場合、マフラーと車体の空間が微妙な「間延び」感に嫌気がさして、ここはやはりカスタムされて乗られてるGROMユーザーのイメージに合う様にと、アルミステーを採用する事にしました。

ただ、アルミステーと一概に言ってもステーを取る場所が限られており、ステー自体がかなり長くなる事と、なるべく空いた空間を逆に利用しようと考えて上画像の様な仕様にしました。

社内外で協議の結果、あまりステーが主張しすぎるのも何なんで、下側写真のタイプを採用、量産に向けて細部を仕上げていく事に決定しました。

前回ブログのステー無しの写真と比べてみて、アルミステーを装着しただけでかなり雰囲気が変わりましたので、とりあえず一安心です。

ちなみに音量的にはエンジン自体は全く同じなので新型GROMと全く同じ音量です。
これで細部を仕上げて製品化。。。と行きたい所ですが、念には念を入れてシャーシダイナモでチェックを行う予定ですので、その件も合わせて次回のブログで書きたいと思います。

それでは今日はこの辺りで。

旧GROM用ダウンタイプフルエキ (15)



-WR'S-サウンド
プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
ダブルアールズ製品のマフラーやカーボンパーツなど
開発状況や各パーツの担当者のコメントなどを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR