ゴールデンウィークに関してのお知らせです。


大雨・強風が通り過ぎ、初夏を感じさせるいい季節となって来ましたね。

ここで皆様にゴールデンウィーク休暇に関してお知らせ致します。


           □□□  4月29日(祝日)~4/30(日曜)    通常定休日  □□□

           □□□  5月1日(月曜)~5月2日(火曜)   通常営業日   □□□

           □□□  5月3日(祝日)~5月7日(日曜)   G.W休暇日   □□□

           □□□  5月8日(月曜)~            通常営業日   □□□


                                                 となります。

※ 休暇中は、お客様並びに卸・販売店の皆様に大変ご不便をおかけしますが、何卒宜しくお願いします。

尚、工場自体は休暇中も稼動している場合がございますが、営業自体はお休みを頂いていますので、お問い合わせのお電話やメール等、対応出来ないと思いますので予めご了承下さいませ。

週間天気予報は来週一杯晴れマークが付いていましたが、再来週以降はどうなんでしょうかね~?

皆様の充実した休日になる事をお祈りすると共に私同様、お仕事の方々、頑張りましょう!(笑)

今年もあっと言う間の4ヶ月で、今年も残り3分の2となります。
たくさん働いてたくさん遊ぶ!そんな感じで適度に気合を入れて頑張りたいと思います。

それでは今日はこの辺りで。
スポンサーサイト

マフラー納期に関してのお知らせ

新型Ninja400 LS4420JM (7)

昨日の嵐の様な大雨が通り去り、未だ風邪は強いものの空は雲の合間から青空も見える大阪は東大阪の天候です。

さて先日もお知らせしましたが、Ninja400用フルエキゾーストのご注文の勢いが止まらない様で大変ありがたい事ですが、既にゴールデンウィーク前のロット分が完売となりました。
昨日より頂いているご注文・在庫確認分はゴールデンウィーク明けの5月中旬でお答えさせて頂いております。

LM4250JM (26)

LM2250JM (1)
MT-25・R25  フルエキ最終プロト (2)
また同じくNinja250用フルエキゾースト、そしてYZF-R25/MT-25用フルエキゾースト等の商品の受注が集中しておりまして、Ninja250用フルエキゾーストに関してもゴールデンウィーク明けの出荷予定、YZF-R25/MT-25用フルエキゾーストに関してはゴールデンウィーク前のロット分も残り少なくなっている状況です。

ご注文頂いた皆様方には大変ご迷惑をおかけしますが、大型連休前にマフラー交換を予定している方々、ご注文前に必ず納期確認をして頂ければ幸いです。

現在、残業も含めましてフル稼働で工場は動いていますが、例年にないこの時期のビッグオーダー(?)に対処すべくあたっていますので、大変ご迷惑をおかけしますが、何卒宜しくお願い申し上げる次第です。

ホントこの一ヶ月強、何が合ったのか分からない位にフルエキゾーストの注文が殺到しております。
Ninja400の場合、スリップオンの設定がございませんのでフルエキの受注は理解出来ますが、先月の新車登録台数で見比べると、すごい数の注文数に驚くばかりです、はい。Ninja400用フルエキの1ヶ月間のレコードが更新しそうです。

また当然の様にスリップオンの在庫もかなりタイトな状況になりつつあります。
YZF-R25・R3/MT-25・MT-03用スリップオンに関しては、ゴールデンウィーク前の次回ロット分もほぼ完売しそうな勢いです。

こちらもの商品も恐れ入りますが、ご注文前に在庫確認等頂けましたら幸いです。

たくさんの皆様にご支持頂きまして誠にありがとうございます。
皆様のご期待に応えるべく、量産体制を強化して臨みますので宜しくお願い申し上げます。

私自身、新型CBR250RRそしてGSX250Rと、商品開発が続きますがモチベーション高く、期待に応えられる商品造りに邁進したいと思いますので宜しくお願い致します。

マフラーの納期に関してのお知らせです。

LM4250JM (26)

4月もアッという間に第二週を過ぎようとしていますが、バイクシーズン到来で社内も慌ただしくなっております。

さて先週辺りからNinja400用のフルエキゾーストが毎日1本もしくは複数本のご注文が入っているらしく、この1週間であっという間に在庫がわずかとなりました。 ※ 今、注文メールとFAXを確認したら残り2本も受注した模様です。

新型Ninja400 LS4420JM (7)
一体、何が起こったのか分らない勢いで在庫確認&受注が入っているみたいです。。。

また同じく、冬場から動いていたNinja250・Z250用フルエキゾーストも昨日出荷分で在庫が無くなった様です。。。

LM4250JM (8)
※ 申し訳ございません、こちらの商品も現時点でバックオーダーとなります。

どちらの商品も毎年堅調な動きで推移してはいますが、このタイミングの売れ方としては正直、少し驚いています。

量産予定を確認したところ、どちらも当然次回ロット製作の準備に入っていますが、若干Ninja250・Z250用フルエキゾーストの方が、製作順番の加減で納期がかかる見込みとなっています。

これ等商品に関してご興味を持たれてる方々には大変ご迷惑・ご不便をおかけしますが、ご注文の前に納期確認等して頂ければと思いますので何卒、宜しくお願い致します。

またお買い上げ頂いた方々には弊社製品をお選び下さった事に感謝を申し上げます。

弊社のベストセラーとなっているYZF-R25に加えて、上記車種を含め、ここのところカワサキ車用の製品がかなり好調みたいで、どの製品も在庫が比較的タイトになっているみたいです。

量産部隊はこの時期、弊社では珍しく先月末から残業に入っており、対応に追われている次第ではございますが、これから迎えるバイクシーズンに向けて頑張って参りますので宜しくお願い致します。

因みに私も来週のJMCA加速走行騒音試験をはじめ、SV650ABS、GSX250R、そしてCBR250RRと新製品開発ラッシュをしっかり乗り切りたいと思っています。。。 

はい、ゴールデンウィークは全て出勤が決定です(笑)
まぁ、全て終わらせたらどこかで代休でも取って、身体を労わりと思います。。。出来るかな(笑)

それでは取り急ぎ、お知らせでした。

一部製品のカーボンサイレンサーの仕様が変更されます。

NEW カーボン (4)

この度、一部の製品(においてカーボンサイレンサーの仕様変更をする事になりましたのでお知らせ致します。

カーボンサイレンサーの仕様変更をする商品としては『JMCA認証マフラー(平成22年以降)』が対象となり、平成22年以前に発売された『JMCA認定品』の商品と~’13旧CBR250R用(品番BC1203JM)は従来通りのカーボンサイレンサーとなります。

NEW カーボン (2)
これまでのカーボンシェルは一般的な#3000番のカーボンパイプとは違い、#12000という太いカーボン繊維で平織りしたタイプでしたが、これはこれで質感も良く、皆様に大変ご好評を得て来ました。

NEW カーボン (3)
新しく採用するカーボンシェルは平織りから綾織タイプに変更、またリベット部には新たにリベットバンドを巻いています。

NEW カーボン (1)
変更点はビジュアル面だけですので、サイレンサーの構造自体の変更はございません。
ですので、品番・価格に関しての変更もございません。

NEWカーボンシェルはウェットカーボンながら、ドライカーボン製法を採用している為、カーボンパイプ自体の強度も大幅に上がっており、強度とディティールの両面での向上を計っております。

現在、各車種のカーボンサイレンサー仕様の生産及び在庫調整を行っており、4/10を目処に、それ以降のご注文分から出荷が開始となります。(一部バックオーダー分も含む)

カーボンサイレンサーが世の中に登場して約30年が経とうとしていますが、弊社のカーボンサイレンサーも常に進化し続けています。

今後も新たな製法や新たな素材の追及に関してはどん欲に取り組んで行きたいと思いますので、カーボンサイレンサーファンの皆様、今後もご期待下さいませ。

NEW カーボン (5)

それでは宜しくお願い致します。

お知らせ色々。。。開発予定車両に関して等々。

モーターサイクルショー 2017(2)

先週金曜日は東京モーターサイクルショーに行って来ました。
ホント、たくさんの方々が来場されて業界関係者が(?)マークになる位の大盛況ぶりでした。

何故、(?)マークなのかというと...これだけの方々が来場されている反面、昨年の車両販売台数が前年を下回っているからです(笑)

モーターサイクルショー 2017(7)
モーターサイクルショー 2017(8)
大阪に続き、東京でも感じたのは、レーサーの展示にはあまり目もくれず、各メーカーの販売予定車両の周りに本当にたくさんの方々が集まっていた事でしょうか。
順番を待って車両に跨る様子など、例年になく各メーカーブースの人気が高く、歩いているとポイント、ポイントにGPマシンやJSB1000レーサーが展示される中、皆さんの反応は以外に淡白で、案外というかやはりというか、レースブームに盛り上がっているのは業界の方だけなのかも知れませんね(笑)レース用パーツが儲からない所以です、はい(笑)

逆に言えば、それだけ自分で乗れる一般車両の注目度が高い訳で、私達の商売にも結び付く事でもありますので、その点は嬉しい限りです。


たくさんのブースや関係者の写真を撮りましたが。。。関西の親分でいつもお世話になっている㈱丸中洋行の中川社長を発見。
モーターサイクルショー 2017(6)
モーターサイクルショー 2017(5)
専務の進ちゃんは、JMCAマフラー部会長を務めて頂いていますが、中川親分トコは「BSバッテリー」ブースを展開していました。

マフラー屋さんには有名な㈱オーファブースでは。。。
モーターサイクルショー 2017(3)
材料強度を上げた素材や、材料硬度を上げる加工を施したものが展示されていましたが、「何をエラそうに撮影禁止なんて書いてるねん!」と、写真を撮って来ました(笑) あっ、因みに細川社長とはプライベートでも親友です、はい(笑)脅しじゃないです(笑)

言い忘れていましたが、今年の東京会場は2階(実質4階かな?)でも展示場として開放しており、展示面積が大幅に増え、その点についても来場された方々の満足度を上げた要因ではないでしょうかね。

毎年行ってると、何かマンネリ化というか新鮮さに欠けてくるものですが、今年は来場する皆さんを見ていると元気が出るというかワクワクしてきたのは、私だけではなく、関係者の方も同じ感触を得ていたのが印象的な今年のモーターサイクルショーでした。

実は、行く前には「来年は大阪だけでいいかな?」みたいな事を思いながら東京に向かったのですが、会場で珍しく(?)新しい商談や、雑誌社との企画話等が湧いて出たりと、帰りには「来て良かったな!」と、現金なもので(笑)、また来年も行きたいと思います。。。
大阪の会場では、なかなかこうはならないのですけどね。。。やっぱ人が集まる東京ですかね?(笑)

さてさて、モーターサイクルショーでも想像以上に注目を集めていたのがこの車両。
モーターサイクルショー 2017(1)
4月中旬に発売予定のGSX250Rです。
跨ってみると車体がコンパクトで女性ライダーでもかなり扱いやすく感じられると思いますが、新型CBR250RRとは一味違ったスズキのこの車両、かなり売れそうな予感です。

勿論、弊社でも早々にマフラー開発に着手しますので、GSX250Rを購入予定のライダーの皆さん、期待していて下さいね!

雑誌や私達業界人の悪いところで、馬力ばかりに目がいきがちですが、一般のバイクユーザーの方がいたって冷静で、価格やデザイン、乗り易さや扱い易さにもしっかり目を向けてられるなぁ、と再認識した次第で、評判も上々でしたね。

この車両の前モデルになるGSR250ですが、この車両も業界人のイメージを覆してたくさん売れたヒット商品で、弊社のスリップオンも発売開始から2年足らずで軽く1,000本を突破するという、弊社もかなり恩恵を受けたバイクでもあります。

GSR250よりコンパクト&軽量化を施したGSX250Rですから街中を更に軽快に走ってくれるのではないでしょうか!
頑張って5月の加速走行試験を目指したいと思います、はい。

次にこのバイク。。。
SV650ABS (20)
SV650ABS (16)
先日JMCA加速走行試験を落ちてきてしまいましたが。。。そう、SV650ABSです。

試験から戻り、サイレンサー内部構造のアップデートに着手してるところです。
サイレンサー長を長くすれば解決するに手っ取り早い手段ではありますが、心ではハッキり決めているのは、サイレンサー長はこのままでいくという事です。
結果としてかなり内部構造を変更する事になりそうですが、パワーを損なう事無く何とか完成させたいと考えています。

試験に落ちた後、SV650ABSオーナーの方から「発売にこぎ着けて欲しい」と商品化を切望するありがたいエールがありましたが、ある程度の目処は付いていますので、楽観視は出来ませんが、4月の加速走行試験に再び持ち込みたいと思いますので、期待していて下さいね。

この他、新型CBR250RRのフルエキ開発もありますし、残念ながら4月の台湾モーターショーには行けそうになさそうですね。。。
BOSS、どうします??(笑)

まぁ、一つ一つ着実にこなしていきたいと思います。

それではこの辺りで。
-WR'S-サウンド
プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
ダブルアールズ製品のマフラーやカーボンパーツなど
開発状況や各パーツの担当者のコメントなどを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR